2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

他のアカウント

Twitter YouTube
無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

惚れてまうやろぉ~

Img_1451_2

メダリオンの入ったチャッカ~ブーツです。

こい茶色がなんとも、イイです。

内側にファスナーがついてます。

これ、ドイツ靴なんですけどね。

イケ面営業マンがいる

商社さんが、

「日本人は、脱ぎ履きするんですよぉ~
お願い!ファスナーつけて。
日本人仕様にしてよ!」

とお客様の気持に寄り添って

出来上がった、心のこもったブーツなんです。

すごいでしょ!

靴の仕様って、そう簡単に変えられるもんじゃないです。

予算も採算も考えなくちゃいけない。

でも、お客様のご要望をお聞きして

実現に向けて頑張る努力、凄いなぁって思います。

もちろん、どんなご要望でも答えるというのとは違います。

全てのご要望にお応えできないけど、

「そうだよなぁ」と思うところは改善していく前向きな

考え方に惚れてしまうやろ~

って思っているのは三喜屋だけじゃないと思います。

多分・・・きっと・・・うん、きっと。

すごいなぁ~と感心してしまった貴方様

履き心地も抜群なんですよ!

「ふくらはぎも温めましょ!ぬくぬくロング五本指ソックス」(長っ)と

いっしょに履いたら、ぬくぬくですよ~(笑)

Img_1449

細めの足さん向きです。

2010年10月30日 (土)

ぬくぬく準備が整いました。

ブーツが、ちょこちょこ入荷中です。

一点ものです。

数に限りがあります。

そして追加はききません。

ごめんなさい。

三喜屋のぬくぬくブーツが欲しい方は

お早めに~。

ブーツ入荷のご案内を差し上げる準備をしています。

急がなくては!

Img_1447

そして、あの主婦の為のスリッパは、先回入荷分が完売となり

第三弾が入荷いたしました。

これも、また大人気で

お早めにとの連絡を差し上げなくては~。

あっ、それからウールのソックスも

ちょこちょこサイズ切れが出始めていて・・お急ぎください。

で、五本指ソックス派の貴方様には

ふくらはぎまでぬくぬくのこんなのはいかがでしょう。

ぬくぬくです。フクラハギが気持いぃ~。

(次女がすかさずゲットしていきました。)

Img_1449

で、刺激がほしいぃ~という方には

靴下履いてツボ刺激五本指ソックスはどうでしょう?

(分かりにくいですが、ツボに当たるところにイボイボがついてます
面白くて、つい仕入れてしまいました。元気が出るビタミンカラーのオレンジです。
この、面白さが分かってくれる人に買っていただけると・・・嬉しい。)

Img_1450

明日は、店長が地域の文化祭のお手伝いで

一日いましぇ~ん。

どしよう・・・どしよう・・・どしよう。

頑張るしかないな!

ピアノ習いたい

次女ですが

夏休み前から

「ピアノがならいたい」と言っていた。

「あ~そうなの。習いたいんだ~何で」

といいつつ

何気に、(つづかんくてやめたのにぃ・・・何でまた?そのうち忘れるな)

と知らん顔していた。

前にもお話ししましたが

思ったらしつこいです。

しかしながら、お家事情は悲しいかな、よ~く承知している

可愛げのある次女です。(ちょっとエコひいきか・・)

「習いたいけど、何か一つ止めないとだめだよね」と言う。

それでも、そのうち忘れると知らぬふりをしていたら

「私は、月曜と金曜だったらいけるよ。五時半には行ける。先生に聞いてみてくれん?」と

そんでも、そんでも、かあちゃんは、素知らぬ顔でやりすごした。

そしたら、また「聞いてくれた?先生に」と

携帯を持ってきた。

ほれほれ、いますぐせいと。

そんでも

なんやかんやと、はぐらかそうとしたが

見かねた店長が「家でも練習しとるぞ。まぁ、入れたたったら~」の一言

次女のピアノ・・・何でスイッチが入ったかなぁ~

そのうち分かるかな。

ということで今日、張り切って

ルンルンでピアノを習いに行きました。

2010年10月28日 (木)

突然の訃報

私ごとですいません。

23日に訪ねて来てくれた
あの薫介おじさんが
急逝しました。

連絡を受けた時は
まさかと思いましたが
今日の通夜で遺体に接し
84歳と高齢ではありましたが、
あんなに元気だった人が
とそれ以上言葉になりませんでした。

宮木家の最後の語り部として、
色々なことを聞こうと思っていた矢先のことでした。

残念です。
悲しいです。
人の命が
これほどあっけないものだなんて…

でも、多趣味だった薫介おじさんは
色々な事にチャレンジした
悔いのない人生だったと思います。

先に行った父と
あちらで出会い
楽しい趣味談議に
花を咲かせて下さい。

本当にお疲れ様dした。

そして、本当に有り難うございました。

Img_1448

2010年10月27日 (水)

思いやりをおそわりました。

土岐市のSさんご夫婦

お二人で美味しいうなぎ屋さんを経営なさっています。

足が冷えると、お互いを心配し気づかっていらっしゃいます。

「今日は、俺の名前が書いてあったで来たよ~」

「いつもね、俺の名前がないって言うんやよ」(笑)

「足が冷たいっていっとるやろ。それ買ってけ。」

「俺も、買おかなぁ。うわぁ~これはいいね。気持いいわ」

優しくて明るいご夫婦です。

実は、ご主人様が

昨日のお客様をご紹介下さったのです。

お礼を言うと

「あ~とよちゃん、来たの!買ってたの!それは良かった良かった。
いや~良かったね。あの人も、冷え性って言ってたからね。」

とおっしゃって喜んで下さいました。

奥さまは、「私、その手紙まだ見せてもらっとらんのやよ」と明るく笑われて。

ご主人様のバイクのお話しに、店長の自転車に乗れるようになった話し

いろいろ楽しい話で、店内が笑い声でいっぱいになりました。

ご主人の言葉に、三喜屋のお客様の気持に寄り添う心

思いやりがなかったと反省しました。

ご婦人用の靴のご案内の時

奥さまのお名前だけで出していて

反省しました。

今日も、やっぱり優しいお客様に

思いやりの心を教わった。

三喜屋は幸せ者です。

多謝。

2010年10月26日 (火)

応援されて、ご縁をつないでもらって・・・

あの、あたたかい靴下・・・」とお客様

「あっ、お手紙がいきましたか?」

「いえ、いいのがあるよって教えてもらって」

三喜屋のお手紙を貰ったお客様が

ご近所様に

「これ、これ」 と見せて下さり

それを見たお客様がご来店下さった。

よくよく、聞いてみると

この方も実は8年前に三喜屋の靴を買っていただいていた。

お客様のおかげで、またつながりが出来た。

本当に嬉しいです。

お客様に、ご縁をつないでもらっている。

そう言ったことは、三喜屋に限らず

あちこちで起きているのかもしれないけど

でも、当たり前ではないと思うのです。

そう思うと

色んな気持が入り混じり

有難さで

胸が一杯になり

心がグッと熱くなった。

多謝。

2010年10月25日 (月)

まったくもう!

先日、長男の高校の進路説明会があった。

同じ高校に通う子のお母さんと一緒に行ったのだが

そのお母さんが

「通知表もらってきたやん。ま~勉強せんもんで散々やったわ」と

おっしゃった。

この言葉に驚いた。

驚いたって、だって母ちゃん、その通知表・・・見せてもらっとらん。

「えぇぇぇ~何時もらってきたの?」と焦って聞いたら

「ん~一週間くらい前やない?」とおっしゃる。

も~どういうつもりよ!!と怒、怒、怒、怒~~~~

「まあ、まあ、」と言われつつ

冷静になって

メールで「成績表貰ってるらしいやん」と打った。

すると

「あ~忘れとった。見せる見せる」と返事。

「忘れとる訳ないやろぉ~。見せにくい?見せれん?成績表ではあるまいか」

と友達のお母さんに、怒りをぶつけてはみたものの

こんどは心配になってきて

「大丈夫やろうね」と打った(何を持って大丈夫なのか分からんが)

すると

大丈夫や

と返って来た。(何が大丈夫だか・・・とおもいつつ)

説明会会場に着きベネッセの偉い人の

受験たるもの・・・高校二年生からもうスタート・・・という

有難い話を聞き、

これは、母が聞くより子供が聞くべきと

その有難い話を

親切にメールで

勉強に対する心構えその一、二、三と打ってやった。

(どうだ!このぉ!と思いながら)

すると、

返事は

「あい」

「どうも」

「はい」

「分かりました」

「参考にします」

「かあちゃん、もうそろそろ、ラーメンがうどんになる」

ときた。

しゃーない勘弁してやるとその後はメールを打つのをやめた

するとしばらくして

「かーちゃん、出世払い。ニクロでスエット買って
サイズはMでそしてグレーがよくて・・懇願」

どういうやっちゃ~

まったく、誰に似たんだ!

は~もうやんなっちゃう。

やんなっちゃう我が子と、成績表・・・

だれか、彼のスイッチしりません?

2010年10月24日 (日)

お客様の優しさに泣けました。

有り難うございます。

本当に。

三喜屋のお客様の優しさに深く深く感謝します。

一時に三組、のお客様が重なって

お待たせをいたしました。

お一人づつ、丁寧に接客したいので

どうしてもお一人に時間がかかってしまいます。

「申し訳ございません、本当に」と

汗をかきかき、接客する中

お客様同士が好みの色を決めるのに

「こっちがいいんじゃない?オシャレよ!」とアドバイスしてくだったり、

三喜屋がお相手出来ない間、

「ここは、履き良い靴だし、後からでもちゃんと調整して下さるでしょ
だから、安心して買えるわよ。」と

言って下さったり・・・

たくさん、たくさん助けて頂きました。

優しい笑顔で。

もう、泣けそうになりました。

あまりに親しくお話ししていらっしゃるので

「お知り合いだったですか?」とお聞きすると

「いえいえ、今日初めてお会いしました」と・・

多治見市のKさんには、

時間のない中、お待たせした揚句

他のお客様のお相手までして下さり

「良かったわ、私が勧めた色をお買い上げくださって」と

とてもステキな笑顔を三喜屋に下さいました。

 

いつもお土産を頂いたり、何かと気にかけてくださり

楽しいお話しをしてくださる土岐市のKさんには

今日も美味しいお菓子を頂きました。

Img_1445

Nさんには

「お二人の人柄が伝わってくるお手紙ですね」とお声かけをいただきました。

先週もお越しになって今週はご家族様をご紹介して下さったKさんや、

他にも沢山のお客様からここに載せきらないほどの暖かい気持を頂きました。

未熟な三喜屋を応援下さっていることを心から感謝いたします。

これからも、みなさんが喜んで下さる靴を

履いて心がポッと明るくなるような靴を

ご提案できるよう努力いたします。

 

2010年10月23日 (土)

ルーツ

お客様が途切れた夕方、
珍客がありました。

というより
実は初対面。

東京にお住まいの
父のいとこ、
宮木さんが来られたのです。

時々来てくれる
恵那の薫介おじさんと
店長のいとこも一緒です。
(だんだん話がややこしくなってきたぁ)

毎年年賀状だけのやりとりで
失礼していたのですが、
恵那に来たこの機会に
ぜひ会って渡したいものがある、
と来て下さいました。

Img_1443

そう、宮木家のルーツ
家系図です。

父が生前、恵那市の市役所へ行って
なにやら取り寄せているのは
知っていましたが、コツコツと
資料を集めていたようで、
その資料を基に
東京の宮木さんが
立派な系図に仕上げてくださったんです。

あわせて本家の祖父母や店の写真など
中には初めて見るもの懐かしいものなど
いろいろ見せて頂きました。

Img_0002

Img_0003

脈々と受け継がれていく
宮木家の血統。

もしかしたら
きのう来られた恵那市のあの方も
もしかしたら遠い親せきかも…
などと想いをふくらませてしまいました。

Img_1441

(左から店長、宮木さん、薫介おじさん、いとこの孝叔君。
みんな歳を取るとそれぞれ親に似てくるようで…)

宮木さん、遠いところ来て頂いて 
本当に有り難うございました。

メールでのやりとり
させて頂きたいと思います。

そしてこれをご縁にぜひまた
ゆっくり遊びに来て下さい。

三喜屋は幸せ者です。

朝一番で、

「なくなっちゃったら、どうしよう~と思って」と

あの!あたたかドイツ生まれのスリッパをお買い求めに

母娘様でご来店頂きました。

重なって、もうお一人男性のお客様が来店され

お店の中がにぎやかに。

店長と二人でアレコレお出ししながらお話ししていると

男性のお客様が

「宣伝するわけじゃないんだけどね、

ここでビジネス用の靴を二足購入したんですよ

いいですよ~凄くいい。

一瞬重いかなぁと思ったんですが

それが全然重くない、楽ですよホント」

と。

「ええ。私の父もここで何足も購入してるんですよ」

「おやおや、そうだったの。(笑)」

「手紙を貰って来たんですよ」

「おや、お宅も!そうだったの(笑)」

「私は、これが気になってね~」

と何だか和気あいあいとした会話が

嬉しいというか

不思議な気持ちでした。

宣伝するわけじゃないんだけどね

とおっしゃって

三喜屋で買った靴が良かったんだよと

お客様がお客様に・・・

どう言葉で表現していいか分かりません。

分かりませんが、頑張る!頑張る!頑張る~!!!!!

という元気を朝からお客様に頂きました。

三喜屋は幸せ者です。多謝。

2010年10月22日 (金)

嬉しいなぁ

Img_1410

数ヶ月前から

三喜屋で起こった事件簿?!のお手紙を

お客様に送っている。

靴や足に関する情報や

日々のたわいもない話などをしたためて。

この手紙をつくるにあたっては

これは、是非お伝えしたいなぁ・・・

ここは、こうした方が良いか

愉しんで下さるかなぁ・・・

でも、でも・・・でも毎回送るのはご迷惑かなぁ・・・とか。とか。

いろいろ・・悩むのです。

もともと、のんびりした性格なので

ささっと作ると言う事が出来ない。

時間がかかる。

ほとんどの工程が原始的やり方の手作業なので

やっと出来上がっると

子供店長の次女もお手伝いに参加。

家族総出で紙をきったり、糊で貼ったり

一個づつ仕上げていく。

そんな、こじゃれた感じのない素朴な手紙を

ご来店下さったお客様が

「お手紙をありがとうございます」とおっしゃって下さる。

電話をくださったお客様も

「お手紙いただきました。有り難う」とおっしゃって下さる。

とても、とても嬉しです。

もっと喜んで頂けるよう頑張ります。

読んで頂いた事に感謝します。

「ここは、良かったよ~」

「ここは、良くわららなかったね」

「こんなこと知りたいよ」

などなど、いろいろ教えて下さい。

Cocolog_oekaki_2010_10_22_11_35

2010年10月21日 (木)

エナメルが熱い

今年の秋冬物、
色々な素材が出てきましたが、
特にエナメル素材が
頑張ってます。

靴全体に使ったり、
スムス革とコンビで
使ったり。

お手入れも
エナメルローションで
サッとひと吹き。

今日もこんなデザインが
入荷しました。

ステッチが効いてます。

履き心地も抜群です。

ジーンズで合わせたらカッコいい。

黒いパンツに合わせたらエレガントに!

試してみませんか?

Img_1402

2010年10月20日 (水)

もう、この靴でないと

今日は定休日明け。

お客様の取り寄せ品やら
秋物の注文商品やらがちょこちょこと
入荷してきます。

小商いの店ですので、
小さな荷です。
でもちいさな段ボール箱が
店内に積み重なっていくと、
「あのお客様の靴が入ってきた」
「これって新商品だっけ?」

開ける前からなぜか
ワクワクしてしまう店長なのです。

さて、そんな今日の昼下がり、
多治見市のA様母娘が
お越しになりました。

足にしびれがあり、
いろんなメーカーの靴を履いて
どれもしっくりこなかったAさんが
「もうこの靴でないと」
という1足に巡り合いました。

毎日履きこんでしまうと
傷んでしまうので
もう1足をお求めに来られたのですが…

秋ものがいっせいに並んでいるため、
目移りしてしまいます。

女性ですからね。
色んなシーンを思い描くと
あの靴もこの靴もと
迷いが出て当たり前です。

結局「この靴でないと」という
履き心地に1番近い1点を
選ばれました。

上手に履きわければ
「この靴でも、あの靴でも」と
レパートリーは広げられます。

そのお手伝いをするのも
三喜屋の仕事です。

歩く事が楽しくなる靴選び。
そんな靴を少しづつ
増やしていきましょうねAさん。

2010年10月19日 (火)

しゃしゃっと一枚

今日は、公園で写真を撮って来ましたよ。

公園では、清掃整備のおじさん達が

枯れ葉をぶぅううん~と吹き飛ばしてました。

邪魔にならないように

しゃしゃっと撮りました。

イマイチデス(涙)

Img_1345

2010年10月18日 (月)

大変だぁ~青っちろい顔の次女

次女ネタ多し・・・でごめんなさい。

次女、家庭内では褒めて褒めて~

褒めてくれると頑張っちゃう的な子である。

しかし、公共の場・・・

学校内で大勢の生徒の前で

褒められる事に、慣れていない。

ところが、とあることで大会に出るため

クラス全員の前で激励を受けた

本人いわく「言わんでいいやろぉ~」と小さい声で

つぶやいたらしい。

当然まわりから「で、どんな大会?どのくらいすごいの?」とか

注目され

とてつもなく疲れたらしい。

お陰で(爆笑)・・・立派に具合が悪くなった。

ムカムカして目が回ったのだ。

食欲はなくなり本気で病気になった。

でも本人はプレッシャーでそうなったとは気付かない。

けど、明らかにそうなんじゃないの~。

で、かあちゃんは、が~っと笑って

「あんた、プレッシャーで具合悪くなったんだわ~っはははははは~
きっと先生は、凄いな~嬉しいなって、みんなに教えてあげたくなっちゃったんやって。
名誉なことやよ。本当は。
ミョウな所で、気が小さいんやネ~。世の中でたらね~プレッシャーだらけやよ。大丈夫さ
大したことはない、でも、そんなに具合が悪いんなら休んじゃう?」

と聞いてみた。

すると

ムカムカの青っちろい顔で

「うん、先生、言わんでイイのにさぁ。やんなっちゃう。
精神的にやられたのかなぁ~。でも団体戦なんやって。
○○ちゃんが行かんもんで、私が行かんとあかんもん。
やで、行く」と、少し和らいだ照れ笑顔で宣言。

姉兄達もこれを耳にし

口々に「なに?プレッシャーなわけ?そんで具合悪くなったのか?」

「変な所で気がよわいんやなぁ。俺やったらいい気になるけどな。
目立つのすきやし」とか。

言いたいことをさんざん言われ、面白がって笑われる。

青っ白い顔の次女は、今朝

今日の大会へと出ていきました。

帰ってきたら、超元気になってました。(爆笑)

良かったねぇ。

2010年10月17日 (日)

旅行が決まったら、まず靴を~

「この前、頂いた靴でお友だちと旅行に行ったの。
お陰で、楽しい一日を過ごすことができました。」

と嬉しいお手紙を頂きました。

嬉しいです。(*^_^*)

Kさん、有り難うございます。

Img

旅行が決まると、どんな服を着ていこうか~。

どんなバックを持っていこうか・・・

靴は・・・。

旅行までの間の、あれこれ思って用意する時間も

楽しみの一つですよね。

旅行中は、アチコチ沢山見て回りたいし

歩きますよね。

そんな時は、ラクに歩ける靴が一番です。

旅行前に一番最初に考えてほしいなと思うのが靴です。

靴は、旅行が快適で楽しいものになるかどうかの

大切な要ですからね!

靴を最初に選ぶのが賢い方法ですよ~

靴屋が言うんだから、間違いありません・・・ん?でしょ!(笑)

三喜屋の、がんがん歩ける靴、ご好評いただいております。

お急ぎを~。

Img_1320

2010年10月16日 (土)

あなたも、いかが?

うれしいなぁ。

あの、「え~わたしもほしいのにぃ!」と言わせる

ドイツ生まれのあったかスリッパが

大変好評いただいており

第二段が入荷したてなのですが

すでに、在庫切れの色が出てしまっている状態

本当に嬉しいです。

喜んで履いて頂けるって、本当に嬉しい。

最初、このスリッパを取り扱う時

ドキドキしました。

なぜって

あたたかい。

気持イイ

ずっと履いていたくなる感触

幸せだなぁと、のほほんする満足感

どれも、納得。

気に入ってしまった。

三喜屋のお客様にも知ってもらいたいと思った事も確か。

でも、ドキドキした。

室内履き、スリッパ8400円。

日本では、スリッパは軽視されてしまう履き物だと思う。

どちらかというと・・・スリッパって

そのへんに、置いたまま、ほったらかしで

お客様がいらしたときだけ、「どうぞ」といって出される履き物で。

履きにくいし、めんどくさいから普段は履かない人が多いんじゃないかと思う。

そのくくりで考えると、はっはっは八千四百円!?スリッパが!みたく・・・・・

でも、でも、このスリッパは、そんなくくりのスリッパじゃない。

「私のスリッパ勝手に履かないでよ!」と言わせるスリッパなのです。

これをを履いたら、もう脱げなくなる。

このスリッパの履き心地を知ってしまったら、他の物はもう履けない。

というか、このスリッパを履いてないとイヤになる。

幸せな心地に包まれて、一年間履き心地良く履けるなら安いもんだわぁ。

と思ってしまうスリッパなのです。

時間をかけて、分かって下さる人に一つづつ提案してきました。

ゆっくり育ててきた商品です。

大切にしたい商品です

スリッパって、履きにくいのよね~

台所の立ち仕事は、足が疲れる~

足がいつも冷たいわ~

と思っているあなた、今年こそ試してみませんか?

2010年10月15日 (金)

でっかい到来物

今日は
晴れていたかと思えば
通り雨が降ったり曇ったりと
めまぐるしい天候の1日でした。

そんなお天気の中でも
遠くから沢山のお客様に
来て頂きました。

Wさんもそのお一人です。

三喜屋のお客様からのご紹介でした。
甲に痛みが走り
巻爪も患っておられます。

でもいたって前向き。
面白いことをおっしゃっては、カッカッカっと
笑われます。

爪を傷めないようアッパーに
「ストレッチレザー」を使った靴を
履いて歩かれると
とても満足そうな笑顔になられました

Img_1313

そしてWさんのたのしいオシャベリに
私達まで元気をいただきました。

なんと、お土産までいただいちゃいました。
「二イタカ」という品種の梨で、
直径が12センチはあろうかという
「大もの」です。

Img_1312

Wさんありがとうございます。

Wさんの楽しいお話しや
笑顔と一緒に家族のおなかの中に
おさまりました

2010年10月14日 (木)

どうでもいい話ですが・・・

どうでもいい話を一つ。

昨日、お土産に赤福を買ってきました。

我が家には、三人の子供たちがいるのですが

お菓子とか、美味しいものは

あっと、本当に、あっという間になくなります。

油断してると、口に入りません。

次女はそれで、何度悔し涙を流したことか (どんだけ、たいそうなことなのぉ~)

そこで、最近

ある作戦を思いついたようで

でかい声で

なんども

十二個入りだから一人二個づつは食べれる~
一人二個づつね~」

と叫ぶ。

みんな聞いてやしないが・・・

それでも、頭の片隅に残るらしく

「これ、一人二個やね?」と他の子らが聞く。

「うん、そうやね」と答える。

残りの二個は・・・

そっと、私に「いい?もう一個?」と聞く次女。

上手いね~。

これで、泣かなくて済んだようだ。

ヒトは、打ちのめされながら知恵をつけ

成長する・・・深い。たいそうな言い方ですね。

失礼しました。

2010年10月13日 (水)

新幹線の中です。
肌色が映える素敵なサンダルを仕入れてきました。
来年の夏、お客様に履いて頂くのが今から楽しみです。
あー早く夏にならないかなぁ。
気が早すぎますね。(笑)
だってぇ、良いサンダルばかりだもん。
早く喜んでもらいたいのです。

その前に、履き心地良い靴のお知らせをしなくっちゃ。ですね。

それもお楽しみにー。

2010年10月12日 (火)

明日は展示会です。

今日は三喜屋の定休日です。

が、昨日、健康祭りに参加していて
事務処理が出来なかったので、
休日出勤になりました。

あれもやらなきゃ、
これもやりたい。

8時ころから始め、
昼食もそこそこに
気がつけば7時過ぎの夕飯。

夢中になっていると
あっという間に
時間が過ぎていきます。

でも、少しずつですが
お客様に見たり知って頂いて
そして喜んで頂けるものが
形にになっていくは
うれしいことです。

そろそろ夜も更けてきましたので、
今日はこの辺で。

そして、明日は
来春の靴サンダルの
展示会です。

あの方にこのサンダルいいなあ。

この靴もいいかも。

足にピッタリの靴を履いた時の
お客様の笑顔を思い浮かべながら
しっかり商品を見てきます。

という訳で、
明日は1日臨時休業です。

ご迷惑をお掛けしますが
よろしくお願いします。

2010年10月11日 (月)

盛況 瑞浪市健康祭り

今日は朝から
真っ青な空が広がりました。

毎年恒例の健康祭りです。

今年もたくさんの方の足に触れ
お話しをお聞きすることができました。

また、健康講演会に
登山家の田部井淳子(たべい じゅんこ)さんを
招いてお話がありました。
(世界最高峰エベレストに女性として世界で初めて
登頂に成功された他、世界初の7大陸最高峰登頂に
成功されたことなどで有名な方です)

足の相談を受けた方の中には
田部井さんのお話しが聞きたくて
中津川から来たという登山好きの方も
いらっしゃいました。

講演会終了後、
ふだんより足や靴の相談者が多いので
聴講者に伺ってみると、
靴の選び方がいかに大切かを
力説されたようです。
(登山は危険と背中合わせです。
靴選びが1番大切なのか
当然と言えば当然ですね…)

こうしたイベントを通して
一人でも多くの方が
健康作りの一環として
正しい靴選びや靴の履き方等を
身につけて下さればいいなぁと
有意義な時間を過ごさせて頂きました。

Img_1258

なんと、終わってみたら48人もの足を拝見させて頂いておりました~

こ、腰がくだけそうです。

明日が心配。

2010年10月10日 (日)

明日は、瑞浪健康祭りです。

さて、明日は毎年恒例の瑞浪市健康祭りです。

Img_1236

三喜屋の店長も

「足の健康度チェック、足と靴の相談コーナー」にて

皆さまのお越しをお待ちしています。

血液検査や、歯科検診、など健康にかかわる色んな体験が

無料で、できるので

どうぞ、気楽にご参加くださいね。

「私の足はどうかしら?」と声をかけて下さいね!

あっ、ごめんなさい。

という訳で、明日はお店は、午後四時から営業いたします。

宜しくお願いします。

2010年10月 9日 (土)

明日は秋祭り

おぉ~・・・色々やっていたらブログを書くのが

こんな時間になってしまいました。

明日は、秋祭りです。

店長は、一日お手伝いで居ません。

気が小さいので・・・

人みしりなので・・・

嫁一人で大丈夫かなぁ~

と心配していますが

まっ、何とかなるでしょう。

がんばるぞぃ!!

2010年10月 8日 (金)

そもそも、パンプスとは・・・

社交ダンス用のパンプスが

どうも履き心地悪い・・・何とかならないかとのご相談を受けました。

何とかならないことが多いのが実情ですが、

足どまりを良くするために、アーチ部分を支えるパーツを埋め込みました。

今までより、ちょっとは履き心地良く履いて頂けるようです。

社交ダンスと言えば

華やかに見えますが、実にハードなスポーツではないかと思います。

足も酷使されますね。

ところで、話ついでに

こんな話を・・・

ダンスに着きもののパンプス。

元をただすと

「パンプス」と呼ばれる荷車を

運転する乗員が、

薄い底の靴を履いていたのが

そもそもの原型とのこと。

転じて、ファッション性の高いハイヒールへと

変化していったわけです。

ダンスにでてくるステップや

ターンなどはヒールのついた靴(パンプス)が

もっとも適しているそうです。

クルッと回る時、重心がつま先にかかってないと

うまく回れませんもんね。

夜の社交界でご婦人が8センチも10センチもある

パンプスでお出かけする由。

だから、パンプスが歩く為の靴ではないのも

頷jけます。

どっかで、間違っちゃったんだなー。

2010年10月 7日 (木)

靴はむずかしい。でも諦めない。

靴は、むずかしい。

三喜屋の未熟さを思い知らされる一日だった。

こんな靴屋を始めるにあたって

若かりし頃の三喜屋は

先輩シューフィッターさんの所へ相談に伺った事があります。

その時、私達に

「貴方達、まだお若いのだから、良く考えなさい
この仕事は、一旦足を踏み入れたら、
泥沼に足を入れると覚悟しないといけない」

とおっしゃられました。

たぶん、その時の三喜屋では

到底、理解しきれない深い言葉だったと思います。

経験してみないと分からない、深い言葉だったと今、思います。

三喜屋は考えて

「私達、良く考えました。でもこの仕事に足を踏み入れることにします」

と報告しました。

あの時の、その言葉がいつも、胸の中にある。

足は、生きている。日々変化をする。

一方靴は、いわば一つの器。

生きている足を、一つの器の中に入れるのですから

実に、予測不可能な部分もたくさんあって、難しい商品。

実際、長く履いてみて頂かないと分からない事が多い。

それを、承知の上で

その時、一番ベストと思うものをフィッティングする。

お客様が、「気持イイ履き心地」と満足して頂いて

お帰りになられたとしても

その後、良く履いてみたら、ここが痛かったって事も

あったりする。

そう、なるべくならないよう、注意を払ってよくよく観察して

お渡しするのだけれど。

決して、一回で完璧という訳にはいかない場合もあるので

「もし、違和感や心配なことがあったらいつでもおっしゃって下さい」

と付け加える。

今日は、お二人のお客様が、「ここが、痛かった」と来店された。

自分達の未熟さ、靴の難しさを思い知らされる。

申し訳ない気持と同時に

こうして「ここは良かったけど、ここが痛かった」とおっしゃってくださる

お客様の優しさに感謝する。

汗をかきながら、再調整して

もう一度、履いてみて頂く。

お客様も、「また、履いてみるね。また調子悪かったらお願いね」

とおっしゃって、帰っていかれる姿に頭を下げつつ、精進せねばと強く思う。

お客様と信頼関係があってこそ、こうしたやり方が出来るのだと

つくづく思う。

お客様の協力があってこそ、完璧じゃない靴のフィッティングを上げていく

という事が出来るのだから。

この経験を知恵として、少しでも快適な履き心地アップの技を

身につけていきたいと思った。

2010年10月 6日 (水)

営業の池上さんは、熱い

先月、お知らせした

履いた人を笑顔にしてしまう靴の話に出てきた

営業の池上さん。

熱いです。もうね、夢に出てきそうです。

自社商品に、とても惚れこんでおられる。

この靴が、作りたいんだ。

この靴を、知ってもらうために

この靴を、待っている人へ

届けたい。

決して、ぶれません。

こう言った人、好きです。

三喜屋も、この商品を大切に育てていきたいと心から思っています。

必要として下さる方の元へ、きちっとお伝えして

その人の、ライフワークを豊かにしてくれたら嬉しいなぁ。

オシャレ靴です。

日頃は、こう言ったものは必要ないのよという人も

冠婚葬祭で、久しぶりに履いてみたら・・・

痛い、長時間立っているのが辛かった・・・

っていうことありませんか?

これ、お勧めです。

ウォーキング靴の様な履き心地という訳にはいきませんが、

かなりの、フィット感です。

そして、大人のオシャレ感が十二分にあります!

正統派のオシャレ靴ためしてみませんか?

貴方を笑顔にしちゃいますよ!

Img_1219

2010年10月 5日 (火)

我が家のニューフェイス、前田君と細川君

次女に、前々から誕生日のプレゼントは

ハムスター二ひき!と頼まれていた。

「カメもいるのにぃ~?」と渋っていましたが

しょうがない!しょうがない・・・・しょうがないなぁもう!ってことで

ジャンガリアンハムスターのブルー二ひき

我が家へやって来ました。

女子です。

なのに、次女につけられた名前は、前田君と細川君。

なんで????

せめて、「さん」にしたあげたらどうなの?

と思うのだが、まぁいいか。

かっわいいぃ~のだ。 お尻の大きいのが前田君です。

Img_0884 Img_0880

2010年10月 4日 (月)

笑顔っていいもんだなぁ

ここ、数日

ステキなご夫婦、ご家族のご来店がつづいて

心が、ほんわかしている三喜屋です。

ご夫婦で、いたわり合っていらっしゃる姿

思いありのある会話

それぞれの趣味に関するお話し

地域の祭りごとの話

畑仕事の話

食卓の話・・・・・

どの、ご夫婦ご家族も

仲が良くて、温かくて素敵だなぁと

第一、笑顔がとてもいい。

笑顔っていいもんだなぁと思う。

最初三喜屋に来られる時は、初めての所で

とても緊張していらっしゃったり

痛みで、笑顔がなかったりすることも多い。

でも、三喜屋がどんな靴屋かという事が分かって

履き心地いい靴の気持良さを知って頂くと

どんどん、ステキな笑顔になっていかれる。

すると、

こんどは、自分の家族にも

この良さを知ってもらいたいと、連れて来て下さる。

そんな時は、三喜屋が何にも云わなくても

奥さまだったり、娘さんだったりが

「靴は、自分に合ったものを履かないとだめなのよ」

と説明して下さる。

そうやって、ご家族みんなが幸せな笑顔になっていかれる

姿を見られるなんて、なんて幸せなことだろう。

一緒にいる三喜屋まで幸せな気持ちになる。

さあ、明日は、どんな出会いがあるのだろうワクワク!

2010年10月 3日 (日)

明日の朝は、はちみつヨーグルト食べるのよ~

中嶋酒造さんで行われる小さなお祭りのチラシが入りました。

手作りっぽくて、良い感じ。

ちょっとだけ、時間をもらって次女と出かけていきました。

お祭をやっている中庭は、良い雰囲気に包まれてました。

好きだなぁこんな感じのお祭り。

で、はちみつ屋さんに魅かれて

はちみつのテイスティングをさせてもらいながら

一つ一つ説明を聞きました。

砂糖は、体の中に入ると2日間は残っているそう。

でも、はちみつは20分だそうです。

その他にも、殺菌作用もあり、のどにも良いし

疲れたなぁって時も良いという

体に優しくて、優れた食べモノなんですね。

体の中から綺麗になれそうです。

勉強になりました。

娘は、ラズベリーはちみつ。

私は、みかんはちみつをチョイスしました。

ヨーグルトにかけたら、さわやかな味がひろがりそうです。

明日の朝、ヨーグルトにかけて食べるのが

楽しみだぁ~。早く明日になれっ!(笑)

Img_0893 Img_0894

なんと、私が大好きな恵那市で作られてます。

revive storeさんのブログ

2010年10月 2日 (土)

多謝

今日は、記事にしたいことがてんこモリモリで・・・

こまった~って感じですが。

とっても嬉しかったことをまずは。

昨日、ご来店下さった親子さん

三喜屋でお子さんの足を6年ほど前に見させて頂いてます。

そのお母さんと、奇遇にもツイッターでつながりができ、

お久しぶりにご来店頂きました。

幼いころに来て頂いていたお嬢さんは、綺麗な娘さんになっておられました。

なんだか、照れくさいような不思議な感覚でした。

「いつかいこうと、三喜屋さんのハガキをずっと、大事に持ってたんですよ」と。

そして、ブログで紹介して下さいました。

そのブログを読みながら

「あぁ、三喜屋はやっぱり、お客様に支えられている」と思いました。

何かにこだわって、それを守っていく事は

良いことばかりじゃないし、辛いことも多かったり

でも、お客様一人ひとりの、こうした温かい応援の言葉に

励まされ、勇気を頂き、元気を頂き、今の三喜屋があると思うのです。

辛いな~と思うとき、いつも

「でもさ、うちのような店が無くなったら、困る人は一人・・・いや数人は居るよね!
頑張らなねっ!」と心に言いきかせてきました。

こんなふうに応援して下さるお客様が居るかぎり、頑張らなくっちゃ~。

背中をポンと押された出来事でした。

沢山の人の足や靴の困ったを、少しでも解決するお手伝いができるよう

精進と、ここにこんな靴屋がありますよ~と伝えていくこと。

切っ掛け作りに努力したいと思います。

多謝。

2010年10月 1日 (金)

やる気はあるのね、でも勝てないの・・・

テスト期間中にもかかわらず・・・

部屋の電気、つけっぱ~で爆睡中の息子。

その傍らに、

Cocolog_oekaki_2010_10_01_12_21

こんな紙が・・・・

本人、その気はあるのねぇ

でも、眠気には勝てないのねぇ

しょうがないわねぇ

苦笑。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »