2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

他のアカウント

Twitter YouTube
無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

感謝の一年でした。

はい。

今日は2010年最後の日です。

振り返ってみると

よ~考えたな~

よ~落ち込んだな~

よ~もがいたな~

よ~怒ったな~

よ~喧嘩したな~

よ~心配したな~

よ~出会いがあったな~

よ~勉強したな~

よ~教えてもらったな~

よ~経験したな~

よ~笑ったな~

よ~喜んだな~

よ~よ~よ~よ~頑張ったな~と思う。思う。

それもこれも、

家族がみな健康で、

周りの人に助けてもらっての事だと深く感謝。

三喜屋へ足を運んで下さった多くの優しくて

温かいお客様の笑顔や言葉のお陰で今年一年

頑張れました。

来年は、その恩返しが出来るよう

三喜屋、心してより一層頑張ります!

どうぞ宜しくお願いします。

2010年12月30日 (木)

ばばと孫たち

母が来年の1/19に80歳の誕生日を迎えます。

サプライズで親戚30人ほど正月に集まる計画を立てました。

母は若いころ結核を患ったので

片方の肺がありません。

喘息と戦い、心臓病とも戦い

最近はリュウマチも患いと

病気の玉手箱状態ですが

 そのおかげと言ってはなんですが

近くに居る孫達は

おばばは、助けてあげんとあかん存在。

ばばは、大事にしなあかん存在。

という事が自然と身についているようです。

母の自慢は、「孫たちはみんな優しい」です。(笑)

 今日は長女と次女が

ばばの誕生日プレゼントを探しに行きました。

 先程から写メールで「これは?どう?」

と送ってきます。

ばばの喜ぶ顔が見たいので内緒です。

 病気をもっていても頑張って80まで生きたやん

お父さんよりも10年も長生きしたよ

えらいね~頑張ったね~そして有難うね。

2010年12月29日 (水)

餅つき

今年も残すところ
3日ほどになりました。

雪にそなえ、
タイヤ交換も
済ませ、後は
店の大掃除と
餅搗きが
控えております。

残念ながら
宮木家には
杵と臼がないので、
三十年来の歴史ある
「餅つき機」に活躍してもらいます。

で、何故かこのもちつきの前準備は
ずーっと昔から男の役目でして、
店長の前は
先代が受け持ってました。

明日はこの準備したもち米を
つきます。

ついた餅を取りげるのは嫁の役目で
その餅を丸めて、まる餅にする
のしてキリ餅にするのは店長の役目です。
ややこしいですが、そのように決まっています。

このように、いたって平和な餅つきが
今年も無事出来ることは幸せな事です。

2010年12月28日 (火)

タイヤ交換

今日は定休日です。
嫁は自宅のおおそうじ。

店長はお店の片付けや
資料整理で
店に張り付いております。

気がつくと外は真っ暗。

雨も降って来たようです。
(しかも雷付き)

明日は雪に変わるかなぁ
と予想しながら、
なにかやり忘れているようで
しっくりきません。

雨の降り具合を見ていて
ハタと思い出しました。

「あ”-、タイヤ交換忘れとったぁ

三喜屋の近辺は
あまり雪が降りません。

ところが1度降りだすと
あっという間に2~30センチ積もります

ふだん降らないだけに
たかだかこの程度の積雪で
街中は半パニックになります。

急坂の多いこの辺りは
冷や汗ものです。

明日は雪が降っても降らなくても
朝一で交換にいかねば

2010年12月27日 (月)

ささやかなお年賀

瑞浪は
今年一番の冷え込み。

そんな中をお越し頂くお客様に
感謝申し上げます。

今日は店長一人でお店番。
嫁のやり残した(?)ガラス拭きを
チョトやりつつの商売をしておりました。

というのも、
「新年にお越し頂くお客様に、
ささやかだけど、お年賀を
差し上げない?」
という嫁の発案で
品定めに出かけた次第です。

「こんなのがあったよ」と、
なにやらユニークなものを 
買い込んできました。

「これにね、
アレとかコレとか
いっしょに入れたらドぉ?」

うーん
たしかに
ささやかだけど
面白そう・・・

さてさて、
内容は
新年5日の
初売りまでの
お楽しみということで…、

2010年12月26日 (日)

う~む。きれいにならんぞな。

うーむ。

そろそろ掃除をするかと窓ガラスを拭いてみました。

とっところが、汚れがますます広がった感じに・・・・・

なんで?汚れすぎてた?

必死に拭くのだが、上手くいかないので諦めることにしちゃおうかなぁと。

というか、無かったことにしてみようかなぁ・・・見なかったことにぃ・・・

などと思っていました。

 と、お客様のMさんがそこへタイミング良く

ご来店下さったので

さっそく、さっきの窓ガラスの話をしました。

 「そうよ~家も、そうそう!拭いてきれいにした!って満足したはずなのに
 きれいじゃなくてさ、ふいた後っていうの?それがついてて、見なかったことにしたわ!あはは」

おぉ、やっぱりぃ?やっぱりぃ?

いい人が来て下さった~と思った嫁です。(笑)

 明日には、店長がきっれぇ~にしている事でしょう。

なにせ、几帳面な性格ですから。うふっ。

2010年12月25日 (土)

気持も紐もひきしめて

土岐市の
Wくんはサッカー少年。

足首とひざを傷め
治療のかたわら
靴で足をささえられないか、と
ご相談にお越しになりました。

靴のサイズ・形状は
決してわるくはありません。
ただ足の状態は
足趾が全く開かないのが
気になります。

靴のヒモ穴もひとつ使っていません。

この状態でサッカーなど
はげしい運動をすると
靴の中で足がシッカリささきれず
足首やじん帯を傷めてしまいます。

好きで始めたサッカーですので、
練習もゲームのときも
靴ひもと気持ちを
きりっと引き締めて
プレーしましょうね、W君!!

2010年12月24日 (金)

力作できました。

Img_1724 次女の力作です。

今日は、予言通り雨が降ったし、ケーキも上手に出来てご機嫌な次女です。

 サンタは来るのか、来るのかと気にしています。

長男までもが「来るの?」と聞くので

 「来ないよ」と返事をすると

「家へ来るサンタは有給休暇中やね」という。

隣で次女が「えええええええええええええええええ」と叫んでます。

2010年12月23日 (木)

仙人かいなぁ。

昼間に、スーパーへ次女と出かけた。

帰りの車の中で

「明日は、雨が降るよ」

「えっ何で」

「ほら、雲があっちへすごいスピードで流れとる」

「おお、そうやね。でも何で」

「知らん、そんなこと知らんけど雨が降るって」という次女。

時々、仙人のようなことを言う。(じぃさんかい!)

 で、今しがた・・

「ねえ、明日雨降るよ」とまた言う。

「絶対雨が降るよ~。当たったらどうする?」とシツコイ

「当たったらどうするって、どうするや?」というと

「当たったら、褒めて」

・・・そんでいいんかい。(笑)

そういえば、前は雨が降るにおいがすると言って当たったのでした。

さて、明日はどうなんでしょう。

楽しみだっ。まっ、当たらないと思うが。

だって天気予報はくもり。

Cocolog_oekaki_2010_12_23_20_28

2010年12月22日 (水)

叩いても死なん

2日ほど前から
腰が重かった店長。

翌朝には背中がこわばり、
首筋まで寝違えた横に曲げることも出来ず、
ミョウに熱っぽく
布団から起き出すことが出来ない。

「これは深酒がたたったか、 
それともインフルエンザ?」

店を嫁さんにまかせて
ほうほうの体で病院へ。

ところが、体温は平熱だし
血圧も正常。

お医者様いわく
「これは眼精疲労だわ」

確かにここ数カ月
お客様のデータ入力と
NLのあて名書きで
イスにすわってパソコンと
にらめっこが続いていた。

もともと近視の上に
老眼が入ってきて
パソコンや文字が
見にくいなぁとは
思っていたが、
まさかこれほどのダメージを
受けるとは・・・

投薬のおかげで
ほぼもとに戻りはしたが、
かつて「叩いても死なん」
と言われるほど体力には
自信のあった店長も、
この1件以来
少しさびしさを味わっています。

2010年12月21日 (火)

三者懇談会

昨日は息子の三者懇談会でした。

恵那弁?満載の優しい先生です。

「さて、さっそくですがお母さん、先日の模試の結果は見てますか」

「見てません。何にも見せてもらってません」

と息子をにらむ私。

にかっと笑顔を浮かべ

「そうだったけぇ」と息子。

先生が

「では、これが初見せになりますね。どうぞ」

と模試の結果が差し出される。

「ここが7月の結果、そして、ここが1月ですねグラフをこう、見ますと数学が○※□△・・・・」

と説明がつづく。

最後に「な、だから冬休み頑張らんといかんな。みんな眠たいんやて
眠たいけどぉ、頑張らないかんやらぁ。スイッチ入れなな。出来るな。
な、頑張ってみて、な。」

と優し~くおっしゃる。

 スイッチは、はたして入るのだろうか冬休みと思いつつ

 でもまぁ、元気なんだからいいでしょ。健康第一と思います。

2010年12月20日 (月)

矢も楯もたまらない

足の具合の悪い方にとって
足に合った履き物を探すという事は
切実なことです。

市内にお住まいの
Nさんもそのおひとり。

幼いころに患っておられた足を
手術をしても
あまりしっくりこない。

三喜屋がご用意した
靴と中敷きで
外歩きは足が痛くなることもなく、
そこそこ歩けるようになりました。

問題は家の中です。

通常のスリッパでは
やはり足、特に趾の付け根がうずいて
台所の立ち仕事も
ままなりません。

三喜屋の人気商品
ウールのスリッパでも
対応が難しそうです。

熟考の末、
なじみのメーカーさんにお願いして見ることに。

決してオシャレや奇抜な
デザインをお望みではありません。

ただ家の中で少しでもラクに
立ち仕事をしたり
歩いたりしたいという願いから
屋も楯もたまらず来店されました。

無理なご注文はおうけできません。

でも、頭の引き出しに入っている
商品で少しでもお役に立てるなら、
三喜屋もトライしてみることにしました。

Nさん、
少し時間をいただきますが、待ってて下さいね。

2010年12月19日 (日)

笑顔発信基地になりたいです。

「丁寧にお手紙いただいたいて有難うございます。

私ね、気持は一杯あるんだけど文章を書くのは苦手なの。

おしゃべりは得意なんだけど。

だから、これ私の気持、ほんのおすそわけだけど

食べたらすごく美味しかったから。

一口で終わりだけど食べて」

と言って下さったグミです。↓↓↓

Img_1723

三喜屋は、今年思う事が色々あって

悩んだり、考えたり、迷ったりしながら進む方向を決めました。

決めて、小さな取り組みをすこしづつ進めてきました。

取りくみ始めると、今まで経験したことがないような発見

驚きや気付きが待っていました。

人の温かさや、優しさも知りました。

一つ一つ見ると、とても小さな事かもしれないけれど

 三喜屋にとっては大きな事でした。

この町で、靴屋として地域の皆さんのお役に立てるよう

頑張ります。

笑顔発信基地になりたいです。

2010年12月18日 (土)

明日もたくさん笑おう

「お二人の笑顔が素晴らしい!」と褒められて

とっても嬉しい三喜屋です。

でもそれは

お客様が、とびきりの笑顔で笑って下さるから

つられて三喜屋も笑ってしまうというのが正解なのだと思う

笑顔や、笑い声は

波紋となって広がるんだな、きっと。

笑顔や笑い声が絶えない店になったらいいな。

明日もたくさん笑おう!

Cocolog_oekaki_2010_12_18_21_45

2010年12月17日 (金)

物の向こう側にあるもの

「下駄は、三喜屋さんがすげた物でないと。
お宅がすげた下駄は、絶対緩まないもの。」

と昔下駄屋だったころ

よくお客様に言っていただいてたそう。

先代は、下駄を足に合わせてすげることで

お客様に気持のよい履き心地を売っていたのだろう。

歴史をかさねて

今は靴屋となった。

靴屋になった三喜屋は

靴を足に合わせることで

お客様に気持のいい履き心地を売っている。

やっぱり、一緒なんだ。

物の向こう側にあるものを売ってるんだ。

2010年12月16日 (木)

あたたかいプレゼント

今日はどんより空で
今にも雪でも降りそうな
寒ーい日になりました。

そんな中を
瀬戸市から
Iさんが
赤ちゃん連れで
来て頂きました。

「お舅さんとお義母さんにあれとそれ、
旦那さんにはこれ。
それと、
実家のお父さんお母さんにもこれを」

赤ちゃん片手に
贈り物を1つ1つ
決めていかれました。

あったかいウールの靴下やスリッパを
ラッピングしリボンをかけて
家族一人一人へのプレゼントが
出来上がっていきます。

贈られるIさんのあったかい気持が
ご家族みんなに届きますように。

そして三喜屋の商品を
プレゼントに決めて頂いた
Iさんに感謝。

2010年12月15日 (水)

めちゃ、評判いいです。

P2

蹴りだしがラク、クッション性ぐ~、インナーマッスルも鍛えるのに運動靴みたいじゃなくオシャレ~。

Img_1337 めちゃ、評判が良いです。

三喜屋、命名「歩き方美人になれる靴」にファスナーがつきました。

日本は脱ぎ履きの生活習慣なので、

紐靴の履き心地の良さは、分かるけどぉ・・・・・

さっと脱ぎたい!

という気持にお応えしました~という靴です。

履き心地の良さと、脱ぎ履きしやすさが一体となった

この靴、人気です。

サイズによっては入荷待ちになります。

ごめんなさい。

2010年12月14日 (火)

今日のおやつ

Img_1719 今日のおやつは

土岐市妻木町のぶん福さんの、ドラケーキ。

これ、地元の土岐商業高校の生徒さんとコラボして出来上がった商品だそうです。

冷凍で送られてくるのですが、解凍されるまで5時間・・・・

すぐに食べたい気持をグッと押さえ

チンしちゃダメかしら・・と早く早くと駆り立てられる気持もグッと押さえ

自然解凍されるのを、じっと待ちました~。

美味しかった~。

イチゴ味を食べました。

ケーキ見たいなドラみたいな

甘酸っぱくて、「土岐商業、やるじゃん!」って味でした。

http://item.rakuten.co.jp/bun-buku/c/0000000125/

2010年12月13日 (月)

いいのか!

「すごいよ~すごい、テストやで~。
違った意味でやよ。」がはは~。

と嬉しそうに話す・・・・

ぎょっ。

これは・・・漢字練習サボっとったなぁ~。

「二番目の問題がさぁ、何いっとんのか
さっぱり分からんかったんやて、そんで、ず~っと考えとった。
んで、裏の問題をとく時間がなくなったんやって、がはは~。
あわててやったからやね、これは。」

と言う。

前にも同じよ~な言いわけ・・と言うか、言い方をされて

怒る気をなくしたのだった。

いいのかなぁ~これで。

「大丈夫、間違った所はなおしといた!」

と自信満々に言う。

良い性格してるよなぁ。

あたしゃ見習いたいよ。

2010年12月12日 (日)

人の笑顔っていいなぁ。

今日、紹介したいお客様は78歳

「手紙を見てのぉ、きれいな字で、返事が書きたいと思っても
ビビっちゃってのぉ。書けんけど、心の中は感謝しとります。
お陰でちょっとも痛なぁで、有難たぁ。」

チョット前にお友だちの紹介で三喜屋へお越しになりました。

今日はお手紙をもらったからと、出かけて来て下さいました。

未熟な三喜屋ですが

こんな言葉を頂くと

地域の方のお役に立てて本当に嬉しいと思う。

人は歩く事が基本で

歩く事が楽しくなる人生は、豊かで尊いものなんだと思う。

足が痛い、歩くのが辛いといった方が

「歩く事が楽しくなった」と笑顔を見せて下さることは

三喜屋にとっても大きな喜びだ。

笑顔は、いいなぁ。

たくさん、笑顔を作っていきたいなぁと思った。

Img_1712

2010年12月11日 (土)

今日のおみや

今日は次女が、ソロバン塾のお楽しみ旅行で

長嶋スーパーランドへ。

帰ってくると

「ホワイトサイクロンのったんやよ~。すごかった~
もうね、チーンて感じ。
胃袋がキューって、小さくなった。
ギューってずっと目つぶっとった。
グルグル系ばっかりのったら、気持が悪くなった
プリクラとったよ。見る?」

と一気に話しまくる。

で、このお土産は家族にと・・・

「サザエさん一家が長嶋に来たんやって~
写真撮って」

というので

↓確かに・・・・ホワイトサイクロンにのってる~。

Img_1715

Img_1716 Img_1718几帳面に並べて見ました。

2010年12月10日 (金)

たまご~いっぱい。

Img_1708

見事なたまごです。

美味しそうです。

お客様のKさんからいただいちゃいました~

「明日の朝、卵かけごはんで食べてね!二週間くらいはもつからね。
あっ、それと冷蔵庫に入れちゃだめよ。」

って新鮮な卵をいただいて

「あ~早く明日の朝にならんかなぁ~」とウキウキな宮木家です。

2010年12月 9日 (木)

今日の私に

12月と言う月は私にとって

何かと想いにふける月らしい。

先日買った商業界の付録を

ふとそういえば・・・と開けて見た。

倉本長治 商いのこころ 日めくりカレンダー

せっかくなので今日の日付 9日を一番に開いた。

成功した店主にも

失敗の経験が沢山ある。

だから、失敗続きの店主にも

成功の可能性かある

としてあった。

今日の私に言ってくれた言葉

ほんのささやかなサービス

12月も中旬に入ると
いよいよ寒さが
募ってきます。

お陰さまで
ウールのぬくぬくスリッパ
「パントッフェル」も
多くのお客様から
ご好評をいただいています。

特にこの時期は
「お世話になったあの方に~
(どっかで聞いたふれーず( ^ω^ ))
というお客様や
「○○のお祝いのプレゼントにします」
といったお声をよく耳にします。

そこで三喜屋からの
ほんのささやかなサービス
「カード&ラッピング」を展開中。

店長手書きのカードに
ひとこと添えて
お贈りいただければ
幸いでございます。

Img_0002

「カードいらなーい
ラッピングだけでいいです」
という方は事前に
お申し付けください。

サービス期間は
24日クリスマスイブまでですよ~。
お急ぎくださいね!

さあ、あなたは
誰に贈ります?

2010年12月 8日 (水)

なかなかGOODです。

どうです?

なかなか可愛らしいでしょ。

Img_1707

サンダルの中敷きが汚れてしまったので張り変えました。

ご依頼いただいたのは市内にお住まいのKさん。

毎日、マレッとゴルフに、体操にとアクティブな方です。

張替のシート見本の中から、「これが良い!可愛らしいの好きよ私」

といって選ばれました。

中敷きは汚れだけじゃなく、クッション性も少々落ちていたので

部分的に補修も加えました。

来年の夏、また快適に履いて頂けます。

2010年12月 7日 (火)

質問力

パソコンにプリンター,、無線ラン・・・・

嫁には、とんと分かりずらい物の購入を検討中

やりたいこと、欲しいものはハッキリしている

でも、どういった買い方をすれば

その欲しいもの・・・欲しい環境が手に入るのかが

悩ましい所なのである。

電気屋さんにいって

それを説明する作業が、非常に難儀する。

それに詳しい店員さんが

嫁がやりたいと思っていることを

質問をしながら、上手にくみ取って

噛み砕いて分かるように説明してくれたり

提案してくれたりすると、ホッとする。

 お客さんの立場に立って

そういった使い方ならば、こちらがお勧めです

と納得できる接客は、安心する。

 本当に分からなくて困っている時

気になる値段は最後のようなきがした。

最終的には

お客様が、本当にどうしたいのか

プロの目から見て、どうするのがベストなのか

を伝えたら、最後に選ぶのは一番高い物だったりするかも

と思った。

予算が許せば(笑)

2010年12月 6日 (月)

靴合わせの難しさ

足指を傷めて来店された
多治見市のSさん。

つま先にゆとりを待たせた靴で
中敷きを調整し
様子を見て頂いたのが
つい先日のことでした。

履き心地の追跡調査を
したところ
次の日には履くと
足が痛くなってきたと
ご連絡を頂きました。

来店された時には
シューフィッターとして
ベストを尽くして
靴合わせしたつもりでも、
あってはならないことが
起こってしまう。

こんなとき
靴合わせの難しさを
ひしひしと感じます。

でも、そんな苦い事実から
逃げることなく
お客様の足と対峙していくのが
シューフィッタの務めでもあります。

ご連絡いただいたSさん、
有難うございます。

そしてご迷惑をお掛けしますが
来て頂ける年明けに
是非再トライさせて下さい。

よろしくお願いします。

2010年12月 5日 (日)

困ったもんだ

12月のお客様へのお手紙を作成中です。

書いては書きなおし・・・して

よし!これでOKだと確信して

いざ印刷。

読み返してみたら・・・・・・

商品の説明を全くしていなかった~

ことに気がついた

やり直しだな。

変な所で、完璧主義

そして、肝心な所がヌケテいる。

どうしたものか!自分!困ったもんだねぇ。

はっはっは~ ・・・(笑ってみた)

2010年12月 4日 (土)

クリスマスのプレゼント準備は・・・

クリスマスがやってきますね~

クリスマスで嬉しいのは・・・我が家の場合

次女だけですな。

クリスマスプレゼントルールは

小学生まで限定。勿論である。

 三喜屋のお客様の中にも

そろそろ、準備なさっている方もいらっしゃるでしょうか。

ところで、三喜屋の冬の人気商品である、あれ

プレゼントしたいよとおっしゃるお客様に

チョッピリ三喜屋もお手伝いしたいと

只今企画中。

ご案内を差し上げますので

お楽しみにぃ~~~~

Cocolog_oekaki_2010_12_04_21_51

2010年12月 3日 (金)

ぶぃ~ん・・いさぎよい髪型の巻

またまた、どうでもいい話ですが・・・

先日お越しになった先輩の頭・・髪型が

えらく潔くって、カッコいいなぁと思った嫁。

それ以来、ずっと店長の頭を注目している。

ついつい、見てしまう。

見て・・・「う~ん。いさぎよい頭、いさぎよい頭・・・・」と

心の中で唱えてしまう。

無性に店長の髪をバリカンでぶぃ~んとやってしまいたくなる衝動

にかられる。

ぶぃ~ん。

ぶぃ~ん。

チョッピリ残しつつぶぃ~んは、どうよ。

Cocolog_oekaki_2010_12_03_17_50

「それは、こまるぅ~」

2010年12月 2日 (木)

眠りに誘われて

店長の得意技の一つ、
「どこでも熟睡」。

ふとんに入れば
ものの一分たらずでクークー
眠りにつくのに
時と場所を選びません。

中でもお気に入りは
「オフロ」

ちょっとぬるめの湯船に
浸かっていると
知らず知らずのうちに
眠りの世界に…

で、ミョウな息苦しさに
ハッと目覚めると
鼻まで浸かって
寝ているなんてしょっちゅう。

「シンクロナイズ用の鼻栓買おうかな?」
と半分真剣に考えてる
今日この頃です。

2010年12月 1日 (水)

こだわりのケーキ作り

今日はうれしいお便りを
頂きました。

ケーキ職人の
林様からのお手紙です。

合わない靴で
足先に負担をかけておられたようでしたが、
靴を替えて
とても楽になられたそうです。

こだわりのあるおいしいケーキ作りを
心がけているという林さん。
「お値段はちょっと高いけど、でもオイシイ、
と思ってもらえたらうれしい。
だから、三喜屋さんの靴の取りくみにも
共鳴できます。」

ありがとうございます。

お客様が喜ぶ笑顔は共通ですね。

今度はぜひ林さんのケーキを
食べに行きますね。

Img_0002_2

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »