2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

他のアカウント

Twitter YouTube
無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

贈る言葉

早朝からの
風雨がおさまったのが
午後3時過ぎ。

西の方から明るくなり、
春の陽射しが
戻ってきました。

雨の止むのを待っていた
我が家の長男。

いよいよ一足先に
大学に向けて
出発です。

人生18年目にして
初めての一人暮らし。

若かりし頃の自分の
学生時代とだぶらせると
全く新しい世界を経験する
喜びと不安が交錯してしていたのを
思い出します。

自分が一番望んでいた学校です。
月並みなことしか言えませんが、
とにかく体には気をつけて、
他人様に迷惑をかけることなく、
充実した4年間を過ごしてほしいと
思います。

ガンバレ長男

2012年3月30日 (金)

ニコニコ元気家族

愛知県の
Iさんご家族、
今年も春休みになったので、
三兄妹元気にやってきてくれました。

A君は長男坊らしく
やや控えめ、
Y君は二番手の男の子らしく
元気いっぱい。
そしてAちゃんは
末っ子らしく
甘えん坊(でも、お兄ちゃんたちに揉まれて
たくましい)

みんな素直でとっても元気

そして、かれらを率いる
お母さんがいつもニコニコ
笑顔満開です。

ご家族の笑顔と元気に
合わせるように
近所の桜の芽が
ほっこり色づいてきました。

さぁ、いよいよ
春みたいですよ

2012年3月29日 (木)

追い詰められています。

このところ、すご~く忙しい嫁です。

三月四月はこうも忙しいものでしょうか・・・

母の事に

子供たちのことに

お店のこと・・・

あぁ~~~いくつ身体があっても足りない!!!!

余っているのはお腹についた脂肪だけっ。ふん。

 NLSLの原稿をなんとか30、31で仕上げたいよ~

できるのか?!できるのか?!

その為に前もって準備してきたつもりなのに・・・

なんでかしらん。

追い詰められている私。

2012年3月28日 (水)

進行しちゃったぁ

「最近、外反母趾がひどくなったみたいで、
今まで履いてた靴が痛くなっちゃって…」

長年ご利用いただいている
土岐市のOさん。

足を測りなおしてみると、
ここ2年ほどの間に
Aだった足囲(足幅の肉の厚み)が
Dになっていました。

「3Eくらいがいいかなぁっと思って
間に合わせに履くと、
外反母趾は痛いし
しまいにはふくらはぎまで
張っちゃって

体重がかかった自分の足を
見下ろすと足幅が
ベタッと横に広がったようにみえます。

横幅の広い靴を
選びたくなるのが人情ですが、
もともと細幅の骨格がゆるんで
幅広に見えるだけですから
ゆるい靴を履くと
足が前滑りを起こして、
かえって外反母趾を
進行させてしまうことがあります。

今日は旅行用にと
足を包み込んで
外反母趾を刺激しない
靴をお選びしました。

「もう、オシャレな靴を
履くのは無理なのかなぁ…」
と寂しそうなOさん。

いえいえ、
足をしっかり支える
構造の靴を選び
中敷きを加工し
TPOに合った履き分けを
してくだされば、
まだまだ大丈夫。

これからも一緒に
靴選びをしていきましょね、
Oさん

2012年3月27日 (火)

いちご狩り

久々の休日であります。
前から次女が切望していたいちご狩りに
行きました。

長野県喬木村へ

そして夜は母の家族と共にクルクル回るお寿司屋さんへ。

いちごも腹一杯

お寿司も腹一杯

幸せな一日でした。

2012年3月26日 (月)

楽しい勉強会だったです。

私、三喜屋の嫁は

とあるコンビニのなめらかプリンが大好物~

あれ食べると幸せ気分になれる安上りな私です。

そのコンビニで今思い返してもぎゃぁぁあ~と恥ずかしくなる

経験を一つ暴露しちゃいます。

なめらかプリンをニマァ~とした顔でかごに入れようとしていると

店員さんが、そそっと寄ってまいりまして

「あの・・・こんなこと言って良いのか分かりませんが・・・」

とおっしゃる。

こちらは、何?何?とドキドキ・・・

店員さんちっちゃな声で

「あの、お洋服が・・・あの、裏返しのままかと・・・」

えぇえええええええ~あぁぁぁぁ~(汗、汗、汗)

そんな恥ずかしい経験を乗り越え

また、あのプリンを買いに行くのが楽しみな私です。

(追伸、シマシマなど、裏と表の区別がつきづらい洋服には気をつけましょう)

と、どうでもいい話は置いときまして

今日とっても楽しい勉強会に参加してきましたよ。

チラシを手書きで書こう~

という勉強会です。↓↓↓

Img_4062

三喜屋がどんな人のどんなお役に立てるのかってことを

伝えるチラシのヒントを頂いてきました。

で、とっても嬉しいことにお隣の席の方が

なんと三喜屋のお客さまでした。

お子様の靴をいつもお求めくださっています。

どうして世のお母さん達に三喜屋の靴をお勧めするのかってことを

手書きで書いてくださいました。

↓↓↓

Img_4064_2

田原さん有難うございま~す(*^_^*)

嫁の作品も紹介~

↓↓↓
Img_4063_4

四月から、我が家の子供たちも新しいスタートを切ります。

そんな子供たちに、「自分を信じてすすめ!」と(笑)

ちなみに、この絵は一歩を踏み出した足でっす。

とっても笑いのある楽しい勉強会でした。

ユーモアのセンスを忘れず、ちょっぴりふざけ心のあるチラシを

次回目指してみます。(キャラがちがうかなぁ・・・)

今日のたくさんのご縁に感謝します。

そんでもって、驚いたぁぁぁ~~~~

この本、パラパラ見てたら

知っている人が、掲載されてたぁぁぁぁぁ~~~~~。

すごい。さすが!

世の中のスゴイを知ら無すぎる私。

世の中のスゴイを知る喜びを知ってしまった私。

これからまたどんなことが待っているのかワクワクです。

あれっ?「すすめ!」って、自分に対するメッセージにもなってる(笑)

2012年3月25日 (日)

ウルウル

息子の最後のステージを見てきました。

高校の定期演奏会です。

もう卒業したわけですが

コレに出るため20日間ほど

学校に通って練習に参加していました。

この定期演奏会はOBの先輩方にも支えられ

成り立っているようです。

今度は彼が支える番。

ステージの上で、歌う子供たちの顔は

キラキラと輝いて見えました。

そして、すっかり涙腺が緩くなってしまった嫁は

涙ぐみっぱなし。

一緒に行こうと誘った母友は

癒しの声に

うつらうつらと気持ちよさげでした(笑)

2012年3月24日 (土)

おまじない

「マジックテープを
ちゃんと留めなさいって
口を酸っぱくして言っても、
『早く友達と遊びたいもん』
といって靴をつっかけて
飛び出していくんです」

多治見市の
5歳になるYちゃんの
お母さんがこうこぼされました。

靴の脱ぎ履きが多い日本では
せっかく足に合った靴を選んでいても
正しい履き方ができていないのが
現状のようです。

まして遊び盛りの
お子さんとなれば
なおさらですね。

でも、遊び盛りは
足も育ちざかり。

そこで、少しでも正しい履き方を
していただくための
「おまじない」を
お子様に伝授いたします。

Yちゃんのお母さんのように
お困りのお母さん、
三喜屋でお子さんの
靴選びをした後に
「例のおまじない、
教えてください」と
お声かけくださいね

2012年3月23日 (金)

めざせ国体!!

いつもご利用いただく
多治見市のTさん母娘。

今日も味のとりこになってしまった
ポテトチップスを買いがてら
ボーリングの練習に出かけるとのこと。

「二日後の選考会の成績で
国体のジュニアクラスに
でられるかもしれないので、
今が正念場です」とお母様。

ヌァンと国体ですよ

ん十年前にボーリングにはまって
マイボールとマイシューズを買い込み
週末にはボーリング場に
足しげく通った店長としても
ここは応援せんわけには
いきません。

ガンバレ律子さん、…
じゃなくてTさん

(律子さんて、わかるかなぁ…)

2012年3月22日 (木)

痛いもんは痛い

足に起こるトラブルの
ほとんどは痛みが伴います。

たとえば外反母趾の場合、
足に合った靴で支えてあげると
痛みを感じることなく
歩ける方もいらっしゃいます。

ただ、これも程度加減で、
中敷きを加工したり
革を伸ばさなければ
歩けないことがしばしばあります。

今日来店された
土岐市のSさんの場合は
足裏に直径7ミリほどの
ウオノメがあたり、
触るだけで痛みが走る
状態でした。

さらに巻爪を発症しているため
靴の天井に爪があたって
足をかばわないと歩けません。

このような状態で
クッション性のある中敷きが搭載された
足に合った靴をご提案しても
痛いものは痛いのです

痛みを軽減できる
パッドやクッション材を
併用して、少しでも
痛みを軽減して
歩ける工夫をすることも必要です。

免疫力・回復力には
個人差があるので
一概には言えませんが、
こうした方法も使って
少しでも早く、楽に
お仕事ができるよう
頑張りましょうね、Sさん

2012年3月21日 (水)

今からウキウキ♪

突然ですが、袋物すきですか?

嫁は、袋物だ~い好き❤

かばん大好き!

カバンやお財布見るの大好き。

出かけた先で、かばん屋さんがあったりすると

引き寄せられるように入店。

ニマァ~とした顔で、うっとり見入ってしまうのです。

でぇ、欲しいなぁ・・・と、思うわけです。

するとそれをすかさず察知した店長が

「同じようなのもっとるぞ」と。

「なんでぇ、これはこの前とは全然違うやん。
ここだってさ、ポケットついてるし、
あれだし、
これだし、
そうだし、
今買わないと、同じものには二度と出会えないかもだし
いや、出会わないから、今まで
あの時、かっときゃよかった!って後悔してきたのよ。
そうよ。そうよ。」と。

そうなの、分かりますよねぇ、この気持ち!

「もう、病気ですね」

この病気、カバン好きさんには納得の気持ちだと思います。

ねっ!

それで、そのかばんの楽しいイベントが開催できることとなったのです。

うぉぉぉぉぉ~しいさぁ。嬉しいさぁ。しみさぁ。ワクワクするさぁ~~~~」

もうね、嬉しさのあまりぴょんぴょん飛び跳ね状態になっちょります。

京都の老舗バック屋さんの鞄。

わに革の高級バックはあの、家庭画報にも取り上げられています。

そんな鞄屋さんだから、もちろんデザインだって細かいところにこだわっていて

素敵なんです。洗練されているというか・・・

大人の女性に似合うデザイン。

革のなめしや染めもシッカリと時間をかけて自社工場でしています。

縫製もきれいです。

何でもスピードの時代に、しっかり時間をかけて

人が喜んでくれるモノづくりをして見えます。

んで、んでぇ

今回はその家庭画報にのるようなお高いものではなく、

毎日使える。

旅行に使える。

使ってるといい気分になって楽しくなる

ちょっと良い♪

ちょっと自慢したくなるぅ♪♪♪

普段使いのバックたちが三喜屋にたくさん入ってきます。

今からめっちゃ楽しみ。

そして、どれも一点もの。どんなのが入ってくるかなぁ~~。

「これ、いいわぁ」と思ったら速攻買いです!(笑)

うふふっふっ!

三喜屋の特別なお客さまだけに

のちほど

こっそりお教えしますからねぇ

お楽しみに!

あっそうそう、ちょうど同じ時期に春夏の

お出かけが楽しくなる、元気がでる靴やサンダルも入荷!

バックと、靴やサンダルとのコーディネイトも楽しそうです。

ウキウキします。(*^_^*)

2012年3月20日 (火)

ヤギさんのいる喫茶店

風が冷たいけれど
おだやかな日差しの
お彼岸になりました。

今日は長男の
大学進学のお礼参りにと
夫婦で神社に参詣。

これからの4年間の
学業専念と
一人住まいの無事を
合わせてお願いしてきました。

さて、遠出をしたついでにと
前から気になっていた喫茶店まで
足を延ばそうということになり、
中津川市の駒場へ。

知り合いに先導をお願いして
やってきたのが
ヤギさんのいる喫茶店。

Img_4054


おいしいランチをいただきながら、
畑と田んぼの広がる中で
のんびりひなたぼっこをする
白ヤギさんとクロヤギさんを
眺めてまったりした時間を
過ごしてきました。

Img_4048


お土産は自家製の
ブレンドコーヒー。

お越しいただいたお客さまにも
お勧めしたいと思います。
明日のコーヒータイムが
楽しみです

2012年3月19日 (月)

春の新色おあつらえ

入ってきましたぁ、
春の新色おあつらえの
パンプスが

Img_4026

土岐市のNさんが
お子さんの入学式の
参列用にとご注文いただきました。

パールベージュが
春をイメージさせてくれます。

クッション性のある中敷きと
ゆったりとしたつま先で
履き心地も上々です。

もちろん市内の
Sさんのように
ちょっとしたお食事などの 
お出かけ用にもグッド

他にもデザイン違いで
エナメル使いの
おあつらえをされた靴も
出来上がってきます。

次の機会にご紹介しますので、
どうぞお楽しみに…

さぁ、今度おあつらえを
されるのはあなたですか

2012年3月18日 (日)

歩くに歩けん

曇り空の中、
開店一番乗りで
お越しくださった
市内のTさん。

「健康のために歩いているんやけど
足が痛くて、歩くに歩けん。」
と言って、足をみせてくださいました。

26㎝の3Eという
男性としては標準的な
足のサイズでしたが、
ステップインタイプで
つま先のやや鋭角度のある靴を
履いておられたため
両足の小趾が
靴の壁にこすられ
大きなタコを発症しておられました。

本来開くはずの
足趾が開こうにも
開きません。

足趾を開放しひざや腰に
負担がかかりにくいこと、
さらに80歳を超える
高齢のため着脱のしやすい
マジックテープタイプの靴を
お勧めしました。

足に合った靴で歩けば
痛みも軽減されて
より歩く意欲がわいてきます。

これからはお散歩に
うってつけの季節です。

快適に歩いて
春の陽気を
楽しみましょうね、Kさん

2012年3月17日 (土)

ドンガラガッシャーン!!

三喜屋には
展示室に隣接して
工房があります。

2,5坪ほどの部屋に
机と研磨機と
ストック棚をおいて
靴の加工や修理をしています。

最近、新しい修理材が増え、
靴在庫も置くようになったため、
ただでさえ図体の大きい
(もっぱらお腹が邪魔な)店長としては
身の置き所がどんどん
狭くなってきました。

今日も中敷きの加工中に
「ドンガラガッシャーン」
という大音響とともに
接着剤とくぎを床にぶちまけ、
お客様に「大丈夫ですか?」
と心配して頂く始末。

接着剤の貼りついた
くぎを片付けながら
「こりゃぁ、断舎離も必要やけど、
もちっとやせんといかんわなぁ…」
と反省しきりの店長なのでした。

2012年3月16日 (金)

春色の靴入荷中part2

曇り空ながら
おだやかな陽気の中、
今日も春色の靴、
イヤイヤ、
サンダルが入荷してきました。

Img_4025_2

元気の出るレッドやイエロー、
目にも鮮やかなグリーンなど
明るく楽しいカラーがまだまだ
入ってきます。

ただし、1点物が多いですから、
「アッ、これいいなあ」
と思った時がお買い時です。

暖かい陽気に誘われて
ぜひお出かけください



2012年3月15日 (木)

甘い匂いと笑い声

このところ、すっかり勉強のことは忘れ

家事に勤しむ長男君。

そんな毎日の中昨日は

何を思ったか・・・

お菓子を作ると言い出した。

ロールケーキを作るのだと。

上手いこと姉をそそのかし?!

材料代を出してもらって

「よし!これから兄弟最後になるかもしれない
お菓子作りを始める。協力し合って作ろうぜ!」

とかなんとか・・・。

初めてのお菓子作り。

三人兄弟が楽しそうに甘い匂いの中

笑い声。

「これどうするや?」

「それは、こうして」

「ねえちゃん!なんでそんなことしっとるの?
すっげぇ!尊敬した。
ねえちゃん、カッコいい~」

「初めて、尊敬された~~~あはは」

お菓子作りで姉の株も上がった様子。

お姉ちゃん、お兄ちゃんが大好きな次女も

ニコニコで嬉しそう。

あ~こんな光景をいつまでも見ていたいと思う。

4月になたら長男が新しい土地へ行く

次女は、きっと寂しくて泣いてしまうだろうなぁ。

Cocolog_oekaki_2012_03_15_22_04

2012年3月14日 (水)

春色の靴、入荷中です

昨日は風の冷たい1日でした。
名古屋での
展示会を見終えて
地下ブラしながらの帰り道、
往来する人の着こなしを見ていても
ハーフコートに体を包んでいる人が
目立ちました。

それでも春色のジャケットや
ベージュ系の靴を履いて歩く人も
見かけます。

今日の三喜屋でも
「ブーツとサンダルの合間に
ちょっとオシャレして
明るい色の靴で歩きたいの
とおっしゃるお客様が
何人かおられました。

朝晩の冷え込みも
徐々にゆるんでくると
あっという間に春が
駆け足でやってきそうです。

三喜屋でも
春の新色・一点ものなどが
順次入荷中です。

日中のやわらかい日差しの中を
歩くのが楽しくなる靴を探しに
お出かけになりませんか?

2012年3月13日 (火)

またまたステキなブーツと出会っちゃった

今日は秋冬展示会。

もーどうしましょう。
またまたステキなブーツに出会っちゃったの。

良いなぁと思ったブーツをぜーんぶ試し履きするのは

すごく愉しい。

履きながら、お客さんのAさんやBさんCさんの顔が浮かんでくる。

AさんBさんCさんがそれを履いてお出かけしている姿を想像して『うわぁ。いいわぁステキやわぁ。似合ってるわぁ。これはAさんの為に生まれてきた様なブーツだわっ』などと・・・

一人にまにま怪しい私。

でも喜んで頂けるかなぁーと思いながらの見立てはとても愉しいです。

幸せとワクワク愉しい気持ちいっぱいで仕入れてきたブーツ達は

きっと、履く人を幸せにするのだ。
うん。そうにちがいない(笑)

2012年3月12日 (月)

足底筋膜炎

「立ってる時間が長いので、
退社するころには
足の裏がパンパンに
張っちゃって…」

市内から来られた
Iさん。

足を拝見すると
サイズが小さい上に
肉付きも薄いので、
足が前に滑り込み、
つま先は痛いし
靴が脱げないように
踏ん張っているので
足裏の筋肉が
ストレスで
悲鳴を上げてしまったようです。

仕事柄
パンプスを履く規則のため、
3,5㎝のヒールでお勧めしました。

本当は5㎝くらいの
ヒールの高さがご希望でしたが、
足裏のリスクや
ヒザ・腰の負担を考えると
お勧めしかねました。
(長時間履き続けると
姿勢にも良くありませんしネ…)

短時間でオシャレを
楽しむ方法もありますから、
履き分けしながら
三喜屋と一緒にお気に入りの靴を
1足ずつ増やしていきましょうネ、Iさん

2012年3月11日 (日)

内また歩きとがに股歩き

このところ、
子供さんの足の成長とあわせて
「内またで歩いているのが気になる」
とか
「がに股歩きをしているので心配だ」
というご質問をよく受けます。

足の形状に
(エジプト型とかギリシャ型とか)
遺伝があるように
歩容(歩き癖)にも
遺伝があるとかつて
聞いたことがあります。

それが病的な歩き方だと
やはりお医者様に
診断をあおいだほうがいいでしょう。

一方、遺伝以外で
例えば小さな頃から
足の成長に合わせたサイズの靴を
履かせていなかったり、
正しい履かせ方を
していなかったために
足の骨組が正しい位置で
かみ合わず、
歩き方にまで
影響してくることはあるようです。

よちよち歩きの幼児は
大人のようにかかとから
着地する歩き方ができません。

でもこの時期に
「うちの子は
よくつまずいて転ぶ」
ということがあったら
靴のサイズが大きすぎるか
正しい履かせ方が
出来ていないかもしれません。

また、小学校の
低・中学年でも
つまずくことが多いお子さんも
同じことがいえます。

足に合っていない靴は
歩き方に影響するだけでなく
ひざや腰にまで
悪い影響を与えてしまうことが有ります。

あなたのお子さんは
大丈夫ですか?

2012年3月10日 (土)

まだ間に合います

「あ、楽ですね。
デザインもかわいいし、
イイですね。」

3月も半ばになってくると
いよいよ4月の
入学式に向けて
スーツや靴の準備を
始める方が多くなってきます。

お昼過ぎの
春めいた陽気の中を
数組の母娘のお客様が
靴を求めに
お越しくださいました。

Img_3973

パンツ・スカート
どちらにも合わせやすい
パンプスが注目を
集めました。

もちろん足との相性も
大切ですし、
革や中敷きの調整が
必要な場合もありますが、
入学式までの残された数週間で
出来るだけ足に優しい靴を
ご提案したいと思います。

「娘のはじめて履くパンプスが
なかなか合うものがなくって…」
とお困りのお母様、
今ならまだ間に合います。

どうぞお問い合わせください。

2012年3月 9日 (金)

いつも笑顔、笑顔のIさん、素敵です。

「春の靴、注文しに来たわよ」

とニッコリ笑顔でご来店くださった瑞浪市のIさん

三喜屋の大応援団でもあります。(*^_^*)

実は二月に北海道へご旅行の予定でした。

「北海道はいかがでしたか?」と

おききすると

「それがね、雪がひどくて飛行機が飛ばなかったのよ~
行けなかったの。でもね、きっと神様が行かない方がいいと
教えてくれたんだと思うの。あはは。
でね、そのかわり東京で歌舞伎を見てきたの。
とっても楽しかったわ。でね、北海道のお土産はないけど
これ、おいしいのよ。どうぞ」

とクッキーをくださいました。

本当にいつも笑顔、笑顔のIさんです。

目的が果たせなくても

いい方に解釈される考え方が素敵だなぁと

そうでありたいなぁと思いました。

 

 今日、三喜屋で決めていかれた春の靴とともに

また楽しい旅を!

なんだか、Iさんの周りには楽しいことが沢山起こりそうな

予感がします。(*^_^*)

Img_3970

クッキーはIさんのようにサクッとした

優しい味でした。

有難うございました。

2012年3月 8日 (木)

大阪へ

大阪に行ってきました。

大阪すごい。

人一杯。

大阪ギフトショーというのに

行ってきたのですが・・・・

どうも、東京ギフトショーとは違うようです。

 今、世の中は石????!!!なのでしょうか。

二階フロアーはすべて石、石、石でした。(汗)

う~ん、今度は東京ギフトショーへ行ってみたい。

せっかくなので、道頓堀商店街へ。

うぉぉぉ。

人、人、人、自転車、人、人、お巡りさん・・・

ぼ~っとして歩いていると危険です。

ちょっと疲れました。

2012年3月 7日 (水)

どれのこと?

朝晩はまだヒンヤリしますが、
ここ連日の雨で
一歩ずつ
春に向かっているようです。

さて、商品の方も
春の新作・新色が
数点ずつ
入荷するようになってきました。

Img_3912


Img_3911


Img_3914

かわいいデザインに
楽しい色使いでしょ?

あの方に、
このお客様にと
嫁入り先が
決まりかけているものも
あります。

そうそう、
「気になって気になって
しかたがなかった」
Hさんのお気に入りの
一足もこの中にあります。

さぁ、どれでしょう?

「気になる」方は
店頭で
「『例の靴』ってどれのこと?」
とお訊ね下さいね

2012年3月 6日 (火)

上手いこと言うねぇ~

本日は定休日です。

何かとやらなくてはならないことありで

お店に家族一同集結しとります。

 そんな中、何かの話で

「○○に毛が生えた程度の~」という話を

店長がし、

「何それ?」という次女に

「それはだなぁ、つまり○×▽□※※○のことを毛が生えた程度と言うのだよ」

と店長。

すかさず、

「お父さんの頭には毛がないけどね!」と次女の攻撃。

がはは~

「うまい事言うねぇ~」

とみんなで大笑い。

「ですね」と渋い顔の店長。

いじられて嬉しそうでもあったりして・・・。

どうでもいい話でした。

2012年3月 5日 (月)

気になって気になって

「この前履かせてもらった靴が
気になって気になってぇ…」

先日お仕事用の靴で
ご相談を受けた
市内のHさん、
立っていても
足の疲れにくい靴を
1足を選ばれました。

その折、
「お使いや町履きでも
このくらい
楽な靴を履くといいよねぇ」
の一言に
「じゃぁ、こんなのは
どうです?」
とためし履きを
してみていただくと、
「えっ、なにぃこれ、
足がめちゃめちゃ気持ちいい
とべた褒めされた靴があります。

当日はそのまま
店をあとにされたのですが、
あの履き心地が
脳裏に焼き付いて(笑)
今日のご来店となりました。

初来店早々
お気に入りの1足を
お渡しできて、
三喜屋もとても
うれしいです。

え、どんな靴かって?

実はこの春の新作で、
手もとには
なくなってしまいました。

水曜日には他の
新作や新色と
入荷予定です。

ブログでUPしますので、
チェックしてみてくださいね

2012年3月 4日 (日)

復興祈念

今日は
瑞浪駅前周辺の
初午まつり。

残念ながら
小雨まじりの
寒い中での
お祭りになってしまいました。

それでも
毎年食しているあの
「ヒメタラ」を求めに
嫁が縁日へ出かけていきました。

「どうやった、買えた?」ときくと
「うん、買うには買ったけど…」

差し出された袋の中に
あったのは紛れもなく
ヒメタラなのですが、
ミョウに大きい。
そして生っぽい。

「水揚げはできたんやけど、
乾燥させる加工工場が
東北地方にあって
例の津波で流されて
加工ができなかったんやって」

あの大震災から
もうすぐ1年。
皆さんの懸命な努力で
復興へ前進しているんでしょうが、
まだまだ時間のかかりそうです。

直火で焼き上げた
ヒメタラを頂きながら
1日でもはやい復興を
祈らずにはいられない
店長でした。

2012年3月 3日 (土)

滑るんです

「最近、靴の中で
足が滑って
とっても歩きにくいんですけど…」

半年ほど前に
お仕事用にと
ウォーキングシューズを
お求めになった
土岐市のSさんが
こうおっしゃいました。

靴底の減り具合は
目立つほどではありません。

中敷きをはずしてみると…

Img_3909
中敷き全面に張ってある
革素材は体重圧と
足裏の汗腺から出る
あせや脂成分で、
滑り止め機能とクッション性が
なくなってしまっています。

仕事柄、重いものの
上げ下ろしがあるためでしょう、
趾先が中敷きに
めり込み
趾先の跡が
沈み込むように
しっかりついています。

ここまで来ると
さすがに寿命ですね。

新しい中敷きと
交換すると
「あぁ、気持ちよくなったぁ」
と、ひと安心のSさんでした。

快適な靴は
その履きよさから
ついつい1足で
履きまわしてしまいがちです。

2足の靴を交互に履いたり
中敷きの交換や
かかとの修理など
快適な歩行のための
チェックを忘れずに

2012年3月 2日 (金)

オーダーパンプス

今日は小雨まじりの
1日になりました。

肌寒いけれど
冬の冷たさとは
ちょっと違う、
春の訪れを
感じさせるような
そんな寒さです。

さて、
長男坊の卒業式も
無事終わり、入学式に向けて
あれやこれやと
準備に追われる
宮木家ですが、
来店されるお客様の中にも
「入学式に履いていく
パンプスを」という方が
見受けられます。

土岐市のNさんも
そんなおひとりです。

「以前は卒業式用に
黒の礼装用パンプスを
もらいましたが、
入学式用にスーツの色に
合わせて、ベージュのパンプスを」
というご要望でした。

足入れサイズで
フィッティングと微調整を
施して、通常だと靴作成に
6週間ほどかかるのですが、
4月初旬のお式に間に合うよう
3月いっぱいで仕上げてもらえるよう
なんとか職人さんにお願いしました。

お子さんの門出に
間に合うよう
頑張って作ってもらいますので、
どうぞ楽しみにお待ちくださいね

2012年3月 1日 (木)

卒業式

長男の高校の卒業式に出席してきました。

三年間はあっという間でした。

子供にとっても親にとっても

色んなことがあった三年間

今はどれも大切な時間だったと思えます。

そしてまた、人は一人では生きていないと

感じた三年間でもありました。

心も身体もぐっと成長した我が子の

姿を見、これまで支えてくれた先生や

彼の周りにいて助けてくれていたお友達に

心から感謝しました。

 

「瑞浪からはたった一人だったから心細かったけど
このクラスのみんなに助けてもらって嬉しかった。
自分はもらってばっかりだったから、今度は、誰かを
支える人になりたい」と挨拶していました。

本当にそんな三年生の一年間だっただろうな。

これから先、うんとうんと大変なことも

うんとうんと楽しいことも

うんとうんと面倒くさいことも

一杯あるだろうが、

「ようこそ!大変な事」

「ようこそ!楽しいこと」

「ようこそ!面倒くさいこと」

って気持ちで歩んでほしいです。

健康に気をつけて、失敗を恐れず、

感謝の気持ちを忘れないで

歩んでいってほしいです。

さぁてと!母ちゃんもがんばっどぉぉぉぉ。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »