2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

他のアカウント

Twitter YouTube
無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« いつもと違うよ!三喜屋10周年イベント第三弾♪ | トップページ | チャッチャッとやればいいのに… »

2012年5月16日 (水)

上手な履きわけで、トラブル改善

昨日の雨模様とは
うって変って
五月晴れの午前中、
年配のご婦人が
来店され、
思案気に商品を
ながめておられました。

「私ね、
外反母趾なんですよ。
それに3番目4番目の
趾の間にウオノメができてるし。
最近はだいぶいいんだけど
足の裏の趾のつけ根にも
ウオノメができててね、
これがまた痛いんですよ。」

靴底にクッション性が
あるものを選び、
紐をしっかり留めて
履いていてもまだ
ウオノメの痛みに
煩わされるという
Kさん。

原因は靴と趾先の
シルエットの関係にありました。

外反母趾にかかっている
Kさんの趾先は
ペン先のようにすぼまっています。

そのシルエットに
合わせるかのように
先端の細い靴を履いているため、
趾先が解放されないばかりか
圧迫されて趾の間にいつまでも
ウオノメができている状態でした。

距離もたくさん歩けて
オシャレも楽しもうと思うと
足が我慢を強いられることが
しばしばあります。

痛みをかばって
腰痛まで起こしては
合わない靴にお金を払って
病気も一緒に買い込むことと同じです。

目的に合わせて
何種類かの靴を
上手に履き分ける知恵を
身につけることで、
トラブルが改善されることがあります。

Kさん、
まず、趾先を開放した靴で、
快適に歩ける履き心地を
実感することから始めましょうね

« いつもと違うよ!三喜屋10周年イベント第三弾♪ | トップページ | チャッチャッとやればいいのに… »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上手な履きわけで、トラブル改善:

« いつもと違うよ!三喜屋10周年イベント第三弾♪ | トップページ | チャッチャッとやればいいのに… »