2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 靴を大事に履くということ | トップページ | 諦めん!! »

2013年4月29日 (月)

甲革のストレッチ

「足の甲の所が痛いので
広げることは出来ますか?」

恵那市のMさんから持ち込まれた靴で
こんなご相談をうけました。

足はやや開帳足気味なので
幅広に見える足ですが、
「足自体が特に痛いわけでもない」

ではと、ご相談の靴を観察してみました。
つま先や足囲部分には
厚み幅ともに十分な余裕があります。
問題はウエスト部
(踏みつけ位置より足首にやや近い部分)の
甲革がミシンで縫い返してある為、
革の重なりの部分が甲を圧迫していたようです。

甲革が足を圧迫するときに
天井を持ち上げるように伸ばすことがありますが、
今回のようにデザイン上、革どうしを
重ねてミシンをかけてあると
ストレッチャー(革を伸ばす機械)を使っても
調整できないことがあります。

靴を購入されるときの注意事項として
幅・指先のほか甲の圧迫度も
入念にチェックしましょう。

特に革と革をつないで
縫い合わせてあるようなデザインものは
注意が必要ですよ。

« 靴を大事に履くということ | トップページ | 諦めん!! »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲革のストレッチ:

« 靴を大事に履くということ | トップページ | 諦めん!! »