2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 靴と健康新聞 | トップページ | ハマったか »

2013年4月21日 (日)

具合良かったのに…

「ここで買った靴、
ものすごく具合よかったんだけどねぇ…」

2年ほど前に
三喜屋で買われた
ウォーキングシューズを手に
こうもらされたNさん。

「最近、足の裏に
ウオノメが出来始めて痛くて。」

もともと外反母趾の悩みで
ご相談に来られたのですが、
ご本人いわく症状が少し
進行してきたようだとおっしゃいました。

加齢によるある程度の進行は
避けられませんが、
気になったのは
随分やせられたなぁという印象だったので、
「Nさん、すこし痩せた?」とお聞きすると
ここ半年の間に数キロ
体重が落ちたということでした。

足は体重の影響を受けやすく
3キロ前後で足の形は変化します。
体重が減ると足も細身になります。
この状態で靴ひもの調節をしないまま
靴を履き歩き続けると
足が靴の中で前滑りを起こし
タコやウオノメなどの
角質化を引き起こします。

脱ぎ履きが面倒でも
足が靴の中でしっかり留まっていれば
余計なトラブルは招きませんし、
靴も軽く感じ、何よりもつまずきによる
転倒の防止にもなります。

靴の履き心地の寿命
という問題とは別に
Nさんのような経験をされた方、
体重のチェックとともに
正しい履き方ができているかも
あわせて確認してみましょう。

« 靴と健康新聞 | トップページ | ハマったか »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 具合良かったのに…:

« 靴と健康新聞 | トップページ | ハマったか »