2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« かかとプカプカでつま先の痛いパンプス | トップページ | 出来上がりがたのしみです »

2013年7月 4日 (木)

まず痛みの軽減を

足は痛いけれど
オシャレな靴が履きたい…

足にトラブルのある女性なら
誰もがかなえたい願望ですね。

痛みの訴え方は個人差があるので
一概には言えませんが、
例えば外反母趾でも
程度具合によっては、
足に合ったオシャレ靴であれば
履けることがあります。

一方、足に合っているのに
歩くと痛い、そんなトラブルの
代表例として「ウオノメ」があります。

角質化した皮膚の一部が
皮膚の内側に向かって
神経を刺激するため、
刺すような痛みがあります。

足裏の趾のつけ根や
趾の間、あるいは趾の先端など
靴の壁に触れたり
中敷きに押し当てるだけで痛いので
緩衝パッドを貼ったり
中敷きを加工して機能的な靴を履くと
ある程度痛みが軽減されます。

ウオノメは靴と皮膚との
摩擦や圧迫で発症しますので、
皮膚への刺激がなくなれば
改善される可能性が高いトラブルです。

まず、足に合った、長時間履いても
圧迫や刺激の少ない靴で
トラブルを軽減しましょう。

それからオシャレな靴を選んだ方が
より快適に歩けるでしょう。

« かかとプカプカでつま先の痛いパンプス | トップページ | 出来上がりがたのしみです »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まず痛みの軽減を:

« かかとプカプカでつま先の痛いパンプス | トップページ | 出来上がりがたのしみです »