2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 親父会は平気?! | トップページ | 健康な足作り »

2013年8月19日 (月)

中敷きのお話

三喜屋の靴はそのほとんどが
中敷き(インソール)の交換が出来ます。

1足分で2500円くらいから6000円、
オーダーで15000円と一般の靴屋さんのそれと比べると
高く思われそうですが、これには理由があります。

中敷きは靴の中に足を入れて
じかに足に接触し支えるパーツですので
クッション性・吸湿性・除菌効果をはじめ
体重の支持力などなど快適な履き心地になるよう
各々の靴の機能に合わせて
メーカーが研究を重ね素材を吟味し
生産しているからです。

一方、整形外科の先生や装具士さんが
患者さんの足の状態を観察しながら
中敷きを作ってくれることがありますが
これは治療矯正を目的とした「足底板」
と呼ばれ、保険を適用すれば実費3万円ほどで
作っていただけます。

「中敷き」も「足底板」も
中敷きの取り外せる靴を選び
その靴に適した厚みで作り上げますので
他の靴に入れると容積の加減で
履けない事がありますから
選んだ靴専用と考えた方が賢明です。

時折、○○会特別出張販売と称して
「外反母趾が治ります。ヒザや腰の痛みがとれます。
一つ作れば色々な靴にいれて履けます。
1足〇万円」といううたい文句にほだされて
買ったことは良いけれど、
履き心地が良くなくて調整してもらうにも
出張販売なので、調整内容の
説明ができず泣き寝入りをした
といったトラブルを耳にすることがあります。

中敷きは靴と同様足を支えるための
大事なパーツです。
安心してアフターケアを任せられる
病院や専門店で相談しましょう。

« 親父会は平気?! | トップページ | 健康な足作り »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中敷きのお話:

« 親父会は平気?! | トップページ | 健康な足作り »