2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« ブーツの季節を楽しもう! | トップページ | ヤモリちゃんPART2 »

2013年10月20日 (日)

Tさんと三喜屋

Tさんとは長いお付き合いです。

小児麻痺のため歩くのがとても大変そうです。

最初にお会いしたのが平成13年。

それでも二つの杖を使って自力で歩かれます。

病院で治療用の靴を作られていますが

三喜屋でも年に一足づつ作られました。

Tさんの「ここが、こんな風にならないでしょうか?」

と困っていることをお聞きして

「だったら、こうしてみてはどうでしょう?」と試していただく

「これだと、こうなりました」と報告を頂いて

「そうか、それでしたらこんな風にしてみましょうか?」

とTさんと一緒に靴を改良してきました。

Tさんの生活がすこしでも快適になるように。

三喜屋は普通の靴屋なので

こういったケースは本当にまれなのですが、

ご縁を頂いたTさんとの信頼関係で

これまで続いてきたのかなと感じています。

歩くときに負担がかからない事が

大前提になるので、デザインはどうしても限られます。

今回は

「休みの日にカジュアルな感じで履ける靴が欲しいんです。」

との希望にお応えし

Img_8204

この靴のステッチをベージュの糸で仕上げてもらい

カジュアル性を高めることにしました。

見た目普通の靴に見えますが

内側には足が当たっても痛く無いように

とてもソフトな布地が張ってあります。

履き口は広く開くように普通の靴よりも

5センチほど前に留め位置をずらしました。

ちょっとした工夫でサッと履けるようになります。

Tさんからは、三喜屋も色んな知恵を頂きました。

「ああぁ軽くていいですね。糸の色どうしようかなぁ・・・
ベージュかそれとも白か・・・赤なんてのはどうでしょう?
変ですかね?」

こうした本来の靴選びの楽しさを味わっていただけたかなぁ

とTさんの笑顔を見ながら思いました。

靴の機能面での履き心地は一番大切なことですが

それを壊さない程度に、靴選びの楽しさを感じていただけたことが

とてもうれしかったです。

一カ月ほどかかって仕上がってくる靴を

お履きになるときのTさんの笑顔を早く見たいです。

« ブーツの季節を楽しもう! | トップページ | ヤモリちゃんPART2 »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tさんと三喜屋:

« ブーツの季節を楽しもう! | トップページ | ヤモリちゃんPART2 »