2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 靴も足に合わせるのが本来の姿 | トップページ | まったりゴロゴロ »

2014年7月28日 (月)

もったいない

多治見市のHさんは
足の趾のけがをされて以来、
どの靴を履いても趾が靴の壁に押されて
痛くなってしまうと相談に来られました。

ケガの原因とともに加齢も手伝って
足全体の骨格にもゆがみが出てきたようです。
お選びした靴の中敷を加工し
趾を圧迫している部位の革を
部分的に伸ばしてあげることで解決しました。
「あぁ、これでラクに歩ける。
高い靴だしもったいないからよそいきに使います」
とHさん。
足は年齢とともに変化しやすくなります。
Hさんの場合すでにトラブルを
抱えてしまった足ですので、普段から
足をシッカリ支え守ってくれる靴を
履いてあげることが
足関節のゆがみ防止につながりますし
痛みも軽減してくれます。
「もったいない」は確かに
美徳かもしれませんが、
過去に合わない靴に投資した総額と
比較すれば十分おつりがくると思います。
足に合った靴で歩くことを楽しみ
お手入れや修理をしながら使い込んであげる
ーその方がずっと美徳だと思うのですが
いかがでしょう?

« 靴も足に合わせるのが本来の姿 | トップページ | まったりゴロゴロ »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もったいない:

« 靴も足に合わせるのが本来の姿 | トップページ | まったりゴロゴロ »