2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 人と靴を繋げて、笑顔を創るお手伝い。 | トップページ | もったいない »

2014年7月27日 (日)

靴も足に合わせるのが本来の姿

そもそも、日本古来の履物は足に合わせて鼻緒をすげていた。
先代は、お客さんが気に入った台と鼻緒を選ぶと
足を見て、甲の高さ調節を鼻緒の微妙なすげ具合でやっいたそう。
「三喜屋さんの下駄は履きやすい、鼻緒が緩まない」
三軒並んだ下駄屋の中でも、愛されていた。
二代目の私たちは、下駄屋を継ぐという手もあったけど
靴屋になった。
靴も、同じなんだと思う。
足に合わせることで快適性が増す。

日本人である私たちは

西洋の文化である靴の正しい選び方、履き方を教わった記憶がない。
履物(下駄、草履)の履き方は教わってきたのに。

靴屋へ嫁に来て、初めて靴にも履き方選び方があるのだと知った。
それを間違うと、健康を害することも知った。
足に合った靴とは、こんなにも気持ちいものなのかと知った。
心地いい履き心地は、人を笑顔にする。

私たちシューフィッターは、靴を売るのではない
その先の履き心地や、
それを履くことで得られる豊かさみたいなものを
売っている。思いをカタチに変える。

« 人と靴を繋げて、笑顔を創るお手伝い。 | トップページ | もったいない »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靴も足に合わせるのが本来の姿:

« 人と靴を繋げて、笑顔を創るお手伝い。 | トップページ | もったいない »