2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« ヨチヨチ履きの履かせ時 | トップページ | 三喜屋変身計画 »

2014年8月 4日 (月)

いたちごっこ

Mさんは3人の子育て真っ最中のお母様。

三人目を出産されてからここ1年くらい
足の裏に痛みを感じるようになり、
病院で見てもらうと大きなウオノメができていました。
「皮膚科やフットエステで削ってもらうんですが、
1か月もたたないうちに同じところに再発してしまって
それを何度も繰り返し、まるでいたちごっこなんです。
歩き方を変えた方がいいよとか
ひらぺったい履物を履いた方がいいよなどと
教えてくれるんですが、どういう歩き方をすればいいのか、
どんな靴を履けばいいのかもわからなくて…」
と悩んだ末のご来店でした。
妊娠すると胎児や羊水などを含め
10㎏前後体重は増加します。
通常の歩行数や運動量が減少し
足を使うことも少ないので足には相応の負荷がかかります。
その結果、足の骨格を支えている筋肉や靭帯が緩み、
関節にゆがみを生じるようになると
足底筋膜炎をおこしたりMさんのように
タコやウオノメを発症しやすくなります。
やっかいなことに一度ゆるんだ関節は
もとに戻ることはまずないので、
出産後もトラブルを抱え込む方が少なくありません。
解決方法としては足の裏から
しっかり支えられる仕組みの中敷きを搭載した
足どまりの良い履物を履くのがベターでしょう。
一般的な履物より高額になりますが
「フットエステで一回削ってもらって5千円」
という値段で計算すると4,5回分で
痛みが軽減改善されるのであれば、
その方がお得だと思うのですが、いかがでしょう?

« ヨチヨチ履きの履かせ時 | トップページ | 三喜屋変身計画 »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いたちごっこ:

« ヨチヨチ履きの履かせ時 | トップページ | 三喜屋変身計画 »