2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 足の為の修理のタイミング | トップページ | うちくるぶしが2つ? »

2014年10月 5日 (日)

リウマチのお母さんに、娘から贈られた靴

以前三喜屋で靴をお求めになられた

土岐市のOさん。
今日は娘さんとご来店です。
「実は、リウマチが前より進行して
指が曲がって痛いんです。
よその靴屋さんで、アレコレ
履いてみたんですが、痛いし
病院の治療靴は、なんだか
悲しくて・・・三喜屋さんなら
相談に乗ってくれると思って」
そうですね。
お医者さんの判断で
治療用の靴や足底板が必要ならば
それが一番いい事です。
ただ、お気持ちの問題もあるので
三喜屋の靴は、決して治療が目的のクツには
ならない事。
今の痛いところがなるべく痛くないように
履ける靴と言うことであればお手伝いできます。
お医者さんでの治療は続けてくださいネ。
とお伝えしました。
納得されたOさんに
リウマチで曲がってしまった指が靴の天井に
あたらないよう、十分なスキマがあり、ソフトな
革の靴をフィッティングしました。
靴の中で足がキチンと治まるように
履き口はせまく、紐で調節出来るデザインです。
サッと脱ぎたい時用にファスナーも完備。(*^_^*)
履いて歩いてもらうと
「ああぁ。これならラクだわ」とニッコリされました。
デザインもお好みに合ったようです。
お嬢さんが
「本当に楽?楽なの? だったらそれにしたら!」
とおっしって
Oさんは、安心したようにそれに決められました。
会計時に
Oさんが支払いをしようとすると
お嬢さんが
「私が払うよ。お母さんに買ってあげたいんだよ」
とおっしゃってプレゼントされました。
Oさんは、「そんな・・・でも・・」と
遠慮されましたが
優しいお嬢さんのお気持ちを受け取られました。
お母さんに買ってあげたいんだから・・・
素敵ですね。
Oさんが少しでもラクに歩けるようになって
心も足も元気でいられたら
お嬢さんもきっと嬉しいのだろうなぁ。
親子っていいな。
これからもお二人で
仲良くお出かけを楽しんでもらいたいです。
シアワセノクツ

« 足の為の修理のタイミング | トップページ | うちくるぶしが2つ? »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リウマチのお母さんに、娘から贈られた靴:

« 足の為の修理のタイミング | トップページ | うちくるぶしが2つ? »