2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 新旧交代 | トップページ | いつまでも自分の足であるきたい »

2015年5月28日 (木)

礼装用の靴、準備は大丈夫ですか?

梅雨の前兆もないまま6月に入ろうとしていますが、
6月と言えばジューンブライド。
ご婚礼の日程をあちこちで聞く季節です。

この時期多いのが「久しぶりに婚礼用の靴を
チェックしたら靴底がはがれてきた」という修理のお問合せです。
靴の製法には幾種類かありますが、
最も多いと思われるのが靴の甲革と靴底を
接着剤で張り付ける「セメント式」でしょう。
この製法が確立したことで靴の生産量が
飛躍的に増えたといっても過言ではありません。
ただ、ボンドの接着力が落ちてきたり
靴底の経年変化(素材の劣化)によって
はがれやすくなることがあります。
特に結婚式・お悔み事等礼装に関わるときにしか
履かない靴はその傾向が強く、
購入から年数が経っていればいるほど
使用頻度に関わらずはがれやすく
また再接着が難しくなります。
そして、お手入れも行き届かないことが多いため
甲革自体も固くなってしまいますので、
使用の有無に関わらず、時々はお手入れがてらチェックしてあげましょう。
上級シューフィッターが、貴方だけの快適な履き心地
「幸せの靴」をご提供いたします。
★HPはこちら    http://mikiyakututen.com/
★スマホ対応HP  http://mikiyakututen.jp/
 0572-68-2934
   岐阜県瑞浪市上平町4-3
   足と靴の相談室 三喜屋靴店
★facebookページは    https://www.facebook.com/mikiyakututen
★三喜屋靴店チャンネル https://www.youtube.com/user/mikiyakututen
★ツイッター         https://twitter.com/mikiyakututen

« 新旧交代 | トップページ | いつまでも自分の足であるきたい »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 礼装用の靴、準備は大丈夫ですか?:

« 新旧交代 | トップページ | いつまでも自分の足であるきたい »