2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

他のアカウント

Twitter YouTube
無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 礼装用の靴、準備は大丈夫ですか? | トップページ | 本日はセミナー受講のため早じまいいたします »

2015年5月29日 (金)

いつまでも自分の足であるきたい

瑞浪市のIさんは若いころ
牛乳関係のお仕事をされていて、
終日牛乳の入った瓶のケースの上げ下ろしを
「ゆうに100回は超える」くらい繰り返されていたそうです。
「そのころの無理がたたってきたかねぇ。
足が平ぺったくなっちゃっって」。
拝見すると後足部の骨格関節にゆるみが生じ
開帳足の特徴である甲が薄く幅が広い状態になっていました。

81歳になられたIさんですが膝や腰に痛みがないので
「人間は歩かないとイカン。歩けなくなると困るから
ちゃんと足に合った靴を履こうと思って」来店されたのでした。
礼装用の靴ももちろん大事ですが、
町履き・ウォーキングを主体に趾先を解放して、
快適な履き心地の毎日をすごしてくださいね。
上級シューフィッターが、貴方だけの快適な履き心地
「幸せの靴」をご提供いたします。
★HPはこちら    http://mikiyakututen.com/
★スマホ対応HP  http://mikiyakututen.jp/
 0572-68-2934
   岐阜県瑞浪市上平町4-3
   足と靴の相談室 三喜屋靴店
★facebookページは    https://www.facebook.com/mikiyakututen
★三喜屋靴店チャンネル https://www.youtube.com/user/mikiyakututen

« 礼装用の靴、準備は大丈夫ですか? | トップページ | 本日はセミナー受講のため早じまいいたします »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも自分の足であるきたい:

« 礼装用の靴、準備は大丈夫ですか? | トップページ | 本日はセミナー受講のため早じまいいたします »