2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« これはいい! モートン病に優しい靴 | トップページ | 脊柱管狭窄症のお母様の身体まで、温かくしてくれた靴  »

2015年10月24日 (土)

「大きい靴じゃないと、足が痛い」という思い込み・・・足にフィットした靴は快適です。

「母なんですが、いくら大きい靴を履いても

痛いって言うんです。一度相談にのってもらえませんか?」

 

そんなお電話を頂き、本日ご家族様でお出でになりました。

お話を伺うと・・・

 

「とにかく、足が大きいから25㎝を履くんですけど、

それでもつま先が痛くなって。だから、いつも

ゆるくて、大きい靴を探すんです。痛くなるのは嫌だから。」

とおっしゃるんです。

 

足を拝見し、計測してみると

確かに、足の実寸(タテの長さ)は25センチ近くありました。

でも、特徴的なのはお肉付きが薄く、平べったい足の個性がありました。

どれだけ、ゆるくて大きな靴を履いても

足の 中指、人差し指、薬指が痛くなってしまう・・・。

というお悩みです。

 

「足にピッタリの靴を履くのは、恐怖なんです。」

 

 

今までの辛い思いや苦労がうかがい知れました。

 

ちょっとしたお出かけに、ほんのちょっとオシャレなタイプで履きたいという

ご要望でしたので、足の長さと足の厚み、つま先のシルエットが

お母様の足によく合い、甲の所でしっかりと止まるタイプの靴を

お見立てしました。

 

靴って難しいのですが

”痛いから、痛くないように大き目を履く”

と言う考えは、間違いなんです。

 

ご自分の足のサイズに合っていて

尚且つ、靴の中で足がしっかり止まるものを

用途に(履きたいシーン)合わせて履き分ける事が大切です。

 

足のサイズに合っているかどうかと言うのは

なかなか、ご本人には分かりづらいものです。

だから、私たちの様な”足に靴を合わせる専門家” シューフィッターが

お手伝いをしています。

 

今回なぜ、大き目を履かなきゃならなかったのかという

理由や、靴の履き方、足の特徴などを

丁寧にお伝えしました。

「大きい靴を履かないと痛い!」と言う思い込みを

消し去って、足に合った靴がいかに気持ちいいのかを知ってもらいたかったからです。

 

お見立てした靴を履き試しされ

「痛くなるのが怖くて、小さい靴は恐怖で大きいのを履いていたけど

こんなに、フィットして指先が痛くないなんて!」

となんだか、信じられないといった驚きのお顔をされていました。

 

それをご覧になってお嬢さんも

「私も、そんな靴を履いてみたいです。

どんな足なのか、知りたくなりました。」

とおっしゃられ、お二人ペアの靴を履く事となりました。

 

親子って、よく似た足の特徴がありますね(*^_^*)

 

「うわぁ。履いた瞬間、全然違う!今履いてるスニーカーより履きやすい」

 

お二人揃って、ペアの靴で

ご家族でのお出かけを楽しんで頂けたら三喜屋は幸せです。

Dsc_0309

上級シューフィッターが、貴方だけの快適な履き心地
「幸せの靴」をご提供いたします。
★HPはこちら    http://mikiyakututen.com/
★スマホ対応HP  http://mikiyakututen.jp/
 0572-68-2934
   岐阜県瑞浪市上平町4-3
   足と靴の相談室 三喜屋靴店
★facebookページは    https://www.facebook.com/mikiyakututen
★三喜屋靴店チャンネル https://www.youtube.com/user/mikiyakututen
★ツイッター         https://twitter.com/mikiyakututen

« これはいい! モートン病に優しい靴 | トップページ | 脊柱管狭窄症のお母様の身体まで、温かくしてくれた靴  »

シアワセノ靴物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これはいい! モートン病に優しい靴 | トップページ | 脊柱管狭窄症のお母様の身体まで、温かくしてくれた靴  »