2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« より快適に歩くための靴選びのお手伝いをします | トップページ | ご主人のビジネス靴と、優しい奥様 »

2015年12月13日 (日)

「心地よい緊張感」のある靴の履き方

「足が大きいのですが、
礼装用の靴でワタシに履けるのってありますか?」

恵那市のYさんは計測してみると
24.5㎝/Dという肉付きの薄い足です。
ただ、開帳足気味で小趾側が張り出しています。
また、普段お仕事の時は冷え症防止に靴下を重ね履きし、
紐をゆるめてスニーカーを履いているとのことでした。
皮膚が薄く普段はルーズフィットの履き方をしている方が
足にピッタリ合ったパンプス類を履くと
「キツイ」と感じてしまいます。
また、スニーカーとヒール付のオシャレ靴とでは
かかとの傾斜角度も違いますから足裏へのリスクも大きくなりますし、
とりわけ普段使わない筋肉が刺激されるので、
痛くなったり、疲労感を覚えることが多くなります。
せめて普段は足をしっかり支え守ってくれる靴で
足をしっかり固定し、いい意味で
「心地よい緊張感」のある履き方をしましょう。
上級シューフィッターが、貴方だけの快適な履き心地
「幸せの靴」をご提供いたします。
★HPはこちら    http://mikiyakututen.com/
★スマホ対応HP  http://mikiyakututen.jp/
 0572-68-2934
   岐阜県瑞浪市上平町4-3
   足と靴の相談室 三喜屋靴店
★facebookページは    https://www.facebook.com/mikiyakututen
★三喜屋靴店チャンネル https://www.youtube.com/user/mikiyakututen
★ツイッター         https://twitter.com/mikiyakututen

« より快適に歩くための靴選びのお手伝いをします | トップページ | ご主人のビジネス靴と、優しい奥様 »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「心地よい緊張感」のある靴の履き方:

« より快適に歩くための靴選びのお手伝いをします | トップページ | ご主人のビジネス靴と、優しい奥様 »