2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« お待たせいたしました。本日より営業再開いたします。 | トップページ | ドイツ、オランダ視察日記2-2 »

2016年2月10日 (水)

 ドイツ・オランダ視察日記2

ドイツ最初の視察地、ハスフルトには、
三喜屋が最も愛してやまない
フィンコンフォートの生産工場ヴァルディ社があります。
3年ほど前に改築された工場の総敷地面積は23,000㎡!
この広い敷地の中をブロックごとに仕切り、
革の型抜きから縫製・つり込み・底付け・最終仕上げまでの
全工程をおこなっています。
Photo_3
Photo_4
なかでも特に印象に残ったのは供給される革の殆どが
(主に牛革ですが)自国内の物を使うということ。
Photo_2  

そして革には等級というのがあって、
最上級の革は高級車や家具に回され、
次のランクはコートなどに、そして次に革靴用に使われるそうです。
フィンコンフォートにはこの中でも
高品質の革のみを選別し使われています。
さらに、エナメルやプリント加工などは
デザイン・発色を得意とするイタリヤの
一流メーカーへ発注をかけているとのこと。
手間と暇をかけた素材を使っているんですね。
そして、これは工場に入った時一番最初に気付いたことですが、
鼻を刺すようなにおいが全くしなかったことです。
靴製造には部品を繋ぐために接着剤が不可欠ですが
安価な接着剤には大量の有機溶剤(いわゆるシンナー)が使われているため
多用すると循環器系・脳神経に悪影響を及ぼします。
ヴァルディ社では身体に優しい接着剤を使っているので
どのブロックへ行っても刺激臭がないのです。
従業員の健康に気を使った靴、つまりそれは
履く人にとっても優しい心使いのされた靴ということなのですね。
上級シューフィッターが、貴方だけの快適な履き心地
「幸せの靴」をご提供いたします。
★HPはこちら    http://mikiyakututen.com/
★スマホ対応HP  http://mikiyakututen.jp/
 0572-68-2934
   岐阜県瑞浪市上平町4-3
   足と靴の相談室 三喜屋靴店
★facebookページは    https://www.facebook.com/mikiyakututen
★三喜屋靴店チャンネル https://www.youtube.com/user/mikiyakututen
★ツイッター         https://twitter.com/mikiyakututen

« お待たせいたしました。本日より営業再開いたします。 | トップページ | ドイツ、オランダ視察日記2-2 »

店長のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  ドイツ・オランダ視察日記2:

« お待たせいたしました。本日より営業再開いたします。 | トップページ | ドイツ、オランダ視察日記2-2 »