2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

他のアカウント

Twitter YouTube
無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 「この靴、すぐ履いて帰りたい」夫婦でシューフィッター三喜屋の日常 | トップページ | シニアシューフィッター資格 と靴とインソールと健康的な老後 »

2016年10月 5日 (水)

ご縁を大切に、同じ時間を共有すること。

三喜屋は人口四万人を切る町で

夫婦二人で小さな靴屋を営んでいます。
その人の足に合ってて
心地いいなって感じて頂ける靴を
一足一足丁寧にご提案しています。
そういった事で
誰かの役に立てたらという思いで
お店を続けています。
「これで人の役に立ちたい」という
強い思いがあっても
商店を続けていくことは
なかなかどうして、大変でした。
今までのお客様を大切にしたいのなら
役に立ちたいのなら
お店を続けていくだけの
色んな意味で体力が必要です。
勉強も必要です。
そんなことも知らなかった私に
明るい光をともしてくれた先生と仲間。
14522690_1849417248622471_808194566
人間、いつまでたっても勉強という事を
知りました。
そして、学ぶことは楽しいとも知りました。
ご縁って大切。
お客様は勿論ですが、色んな人に助けられて
今の三喜屋があります。
と言うわけで、5日はそんな大切な人達に
会ってきました。
私は慎重派ですが、
「よし!」ってスイッチが入ると
どこへでも、すっ飛んで行くタイプのようです。
(年を重ねて、少し臆病になりましたが)
これまで、主人は
「また、嫁がなんかやっとる・・・」的な感じでしたが(笑)
同じ時間を共有したいと思うようになりました。
同じものを見て、聞いて、感じて
同じ方向を見て、喧嘩しながら仲良くやっていきたいと
思っています。(*^_^*)
まぁ、子供も手が離れていきますし
共通の会話!大切にしないとねっ(笑)

« 「この靴、すぐ履いて帰りたい」夫婦でシューフィッター三喜屋の日常 | トップページ | シニアシューフィッター資格 と靴とインソールと健康的な老後 »

嫁のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご縁を大切に、同じ時間を共有すること。:

« 「この靴、すぐ履いて帰りたい」夫婦でシューフィッター三喜屋の日常 | トップページ | シニアシューフィッター資格 と靴とインソールと健康的な老後 »