2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

他のアカウント

Twitter YouTube
無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 靴の履き方の基本 | トップページ | 足と靴の知識の広まり »

2016年12月13日 (火)

次女と受験 志が高く、真の強い友達に囲まれて。

「やりたい事をやったら、三喜屋を継ぐ」と
宣言している次女。
彼女が夢に描いていたことに一歩近づきました。
大学受験と言う物が
とても複雑になってきたと言いますか
非常に分かりにくく
その分チャンスは増えますが、大変だと感じました。

まぁ、色々ありました。
そんでも、ずっと信じて意志を貫き通した彼女の
その根性と言いますか、根拠のない信じる力と言いますか・・・
羨ましく思います。
第一志望の受験を終えた時
「みんなが、応援してくれて
面接の練習を昼休みに何度も
してくれた。
化学が分からんて
教えてもらった。
前日に、道中読めって
たくさん応援の手紙をもらった。
今日は、やりきったから全部だしきったから
後悔はないし、落ちたとしても泣かんけど
皆から、応援されてここまで来て、それで
泣いてしまうかもしれん。」
と言う彼女の話を聞きながら
良い友達に囲まれて
ここまで頑張ってこれたんやなぁと
感じ胸が熱くなりました。
「試験は水もんやから
ご縁があれば受かるやろうし
ダメやっても、友達に有難うって
言ったらいいんやよ。」と
話しました。
第二志望の受験が不合格だったので
全く良い方に考えてなかった私は
本命、合格発表の日。
しょんぼり帰ってくる娘を
どんなふうに迎えてやろうかと考えながら
娘の部屋をブンブンと掃除機をかけていました。
電話がどれだけなっても気づかずに。
どれだけならしても電話に出ないので
ついに父ちゃんの所に連絡が入り
合格を知りました。
驚きです。
本当に驚きました。
担任の先生も
「本当に、間違いないか?受験番号あっとるか?」
と聞かれ不安になり
涙目の(*^_^*)先生ともう一度確認したそうです。
親友と2人
スマホで確認する手が
震えたって言っておりました。
合格を一緒に喜んで
泣いてくれたそうです。
いつも、いつも友達から
温かな気持ちやエールを貰ってばかりの
娘ですが、いつかは彼女なりに友達の力になれる
子に成長してほしいと願います。
これからが大変です。
母の心配は尽きませんが
娘が選んだ道を応援してやるしかないです。
ちょっとさみしいけど。
仕方ありません。
「最後は、ちゃんと帰って来てよ」って
言っときました。
三喜屋を継ぐんだもんね。(*^_^*)

« 靴の履き方の基本 | トップページ | 足と靴の知識の広まり »

宮木家の珍道中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次女と受験 志が高く、真の強い友達に囲まれて。:

« 靴の履き方の基本 | トップページ | 足と靴の知識の広まり »