2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

三喜屋チャンネル

ツイッター

facebook

« 礼装用の靴とスニーカーの履き心地の違い | トップページ | 土踏まずの痛い足を支える靴と中敷の関係 »

2017年3月13日 (月)

足趾や足裏の痛み・ムクミにはこんな靴が有効です

長年おつきあいいただいているKさんが
リュウマチ性の関節痛を患われておよそ半年。
「今まで履いていた靴が痛くて履けなくなって」
とご相談に来られました。
病名の通り、リュウマチの症状は
手や足の指に出やすいようで、
ヨコからみると関節部分が「くの字」に曲がり、
伸ばしたり縮めたりが困難になります。
Kさんの場合は、足趾の関節は重症ではありませんが、
曲がった頂点部分が靴の天井に擦れ
痛みを覚えるとのことでした。
また、天候や体調によって
足首から足全体にかけてムクミが出やすく、
足裏にも痛みが出るようになりました。
むくんだときでも履ける靴とは、
靴の中の容積がややゆったり目である必要があります。
また、足裏から体重が支えられるよう
凹凸のついたインソールが採用されていたり靴底に厚みがあると
足裏の痛みを軽減することができます。
そして折れ曲がった足趾に負担のかからないよう
天井にゆとりを持たせてあることも必要です。
こうした条件の靴に若干の調整を加えることで、
足の痛みやむくみはずいぶん楽になります。
これから温かくなれば外出する機会も
増えると思いますので、
明るく元気な色でお出かけを楽しんでいただきたいですね
Dscf0279


ご自分の足に合った靴選びは、まずご自分の足を知る事から。
三喜屋では、あなたの足を大切に考え「カウンセリング&足型計測」をした上であなたの足に合った快適な外反母趾に優しい選びの
お手伝いをいたします。お気軽にご相談くださいませ。
 

ガマンしないで!  

  まずは、  
   
    三喜屋のスッキリ!お悩みカウンセリング&足型測定  
 
  □ 痛みの原因が分かる!  
 
  □ 正しい靴の選び方がわかる!  
   
    1時間3,000円(税別)    
      
  無理な販売はいたしません。  
  二人の上級シューフィッターがお待ちしております。
171
   

ご予約・お問い合わせ

火曜日定休です。臨時休業の場合もあります。
また混雑することもございます。念のため、ご来店の際には、電話もしくはメールでご予約いただくと確実に対応できます。
上級シューフィッターが、貴方だけの快適な履き心地
「幸せの靴」をご提供いたします。
★HPはこちら    http://mikiyakututen.com/
 0572-68-2934
   岐阜県瑞浪市上平町4-3
   足と靴の相談室 三喜屋靴店
★facebookページは    https://www.facebook.com/mikiyakututen
★三喜屋靴店チャンネル https://www.youtube.com/user/mikiyakututen
★ツイッター         https://twitter.com/mikiyakututen

友だち追加数

« 礼装用の靴とスニーカーの履き心地の違い | トップページ | 土踏まずの痛い足を支える靴と中敷の関係 »

三喜屋の事件簿 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足趾や足裏の痛み・ムクミにはこんな靴が有効です:

« 礼装用の靴とスニーカーの履き心地の違い | トップページ | 土踏まずの痛い足を支える靴と中敷の関係 »